Samsungが2020年2月に発表することが期待されている新型スマホ「Galaxy S11」シリーズ。先程「Galaxy S11」に搭載されるディスプレイ内指紋認証センサーの認証エリアが現行「Galaxy S10」シリーズと比較してかなり大きくなる可能性があると伝えた。

2020年2月発表予定のスマホになるため、今後の状況によって変更となる可能性はあるものの9月に入りチラホラと「Galaxy S11」に関する情報を見かける機会が増えてきた。

今回も「Galaxy S11」に関する新情報で、今回はこのスマホのカメラに関する情報。カメラセンサーは他の情報と比べて情報が2,3浮上しやすい。そのため、今回の情報も今後何個か出てくるうちの1つのパターンとして捉えて欲しい。

「Galaxy S11」には超高画素108MPセンサーや5倍ズームを搭載か

The Elecが伝えた情報によると「Galaxy S11」にはSamsungが以前発表した超高画素108MPセンサーが搭載される可能性があるという。108MPセンサーはXiaomiが発表した「Xiaomi Mi Mix α」に搭載されている。このデバイスの発表後にXiaomiは108MPセンサーを使用して撮影したサンプル写真を公開していたが、その品質はかなりのものだった。

さて、同メディアは他にも情報を伝えており、「Galaxy S11」には108MPセンサーの搭載だけでなく、最大5倍の光学ズームを実現するペリスコープレンズを搭載すると伝えている。

現行「Galaxy S10」や「Galaxy Note10」は光学ズームの場合最大2倍までしか対応していないため、このアップグレードは嬉しい内容。とは言え、OPPOやHuawei等のスマホは以前よりより高度なズーム機能を備えているため、Samsungが「Galaxy S11」で5倍ズームに対応するという話は驚くべき内容ではない。むしろ遅い。

今回の108MP+5倍ズームという情報は素直に楽しみだが、Samsungは高画素センサーをこれまで「Galaxy A」シリーズには採用しているものの、「Galaxy S」や「Galaxy Note」シリーズには採用していない。「Galaxy S11」では少なくとも「Galaxy S10」よりも優れたカメラ機能を実現すると思われるが、一気に108MPへとジャンプするかどうかは正直微妙なところ。

欲しいスペックではあるが、まだまだ発表まで半年残されている。この情報を確実者基するには早すぎるため、いつものように参考程度にとどめておき、今後出てくる情報が共通の内容になっていることに期待したいところ。

 

[source The Elec] 
[via TechRadar]

 

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする