Samsungの新型スマホ「Galaxy Note10」シリーズは8月7日に発表される予定。既に多くの情報が明らかにされており、先日は「Aura White」と呼ばれる美しいカラーリングが存在することも明らかにされた。

基本的なスペックはもちろん、デザインの細部に至るまで明らかにされているが、2019年のSamsungは昨年までと違い情報の取り扱いにかなり神経質になっている。

「Galaxy S10」の発表の際は比較的多くの実機画像がリークされていたと記憶しているが、現在最注目の「Galaxy Note10」シリーズは本当に実機画像や確信に迫るリーク情報が少ない。

これはサイト運営者としてはネタが減るのだが、企業の情報管理が徹底されているという点で評価されるべきところだ。

しかし、発表直前に迫った今「Galaxy Note10」の実機を利用するユーザーが韓国で発見されている。もちろん発表前になるため恐らくSamsungの関係者ではないかと思われる。

Samsungを含むOEMがデバイスの発表前に日常生活で対象のデバイスが問題なく使用することができるのかどうかテストするために従業員に配布することは珍しくない。同様のケースはこれまでに幾度となく見てきた。

上記が実際に韓国で撮影された「Galaxy Note10」の写真。画面中央のパンチホール型カメラがこのデバイスが間違いなく「Galaxy Note10」であるという何よりの証拠。また、スマホ左側面に電源ボタンと音量ボタンと思われるボタンも確認することができる。

そして「Galaxy Note」シリーズの最も大きな特徴「Sペン」をスマホ下部右側に存在することが決め手。

Samsungの従業員がデバイスをテストしているというケースでは最近、Samsungは「Galaxy Fold」を地下鉄で使用する男性やインドで使用している男性が発見されている。

全ての答え合わせは8月7日に開催される「Galaxy UNPACKED」で行いたいと思う。

 

[source underkg] 
[via SamMobile]

 

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする