先日ASUSによって新型ゲーミングスマホ「ROG Phone2」を発表した。このスマホにはクアルコムが発表したばかりの「Snapdragon855 Plus」を搭載されている。

「Snapdragon855 Plus」は「Snapdragon855」のパフォーマンス、特にゲーム面のパフォーマンスを向上させたチップセットで、今後発売されるゲーミングスマホに搭載されるのではないかと期待されている。

そしてXiaomiのBlackSharkが7月30日に新しいゲーミングスマホ「Black Shark 2 Pro」を発表することを明らかにしており、このスマホにも「Snapdragon855 Plus」が搭載される。

もうまもなく発表となる此のスマホだが、現在「Snapdragon855 Plus」を搭載した「Black Shark 2 Pro」のAnTuTuベンチマークスコアが明らかにされている。

Xiaomi「Black Shark 2 Pro」のAnTuTuベンチマークスコア

なんと言ってもAnTuTuスコアが400,000を突破しているというのが驚き。「Snapdragon855」を搭載する僕の手元にある「Galaxy S10+」ではAnTuTuスコア360,000~370,000辺り。「Snapdragon855」を搭載する他のスマホでも400,000を突破するというのは極めて稀。

さて、今回のAnTuTuベンチマークから「Black Shark 2 Pro」の基本的なスペックが判明している。

「Black Shark 2 Pro」のディスプレイ解像度は2340×1080のフルHD+になり、チップセットはもちろん「Snapdragon855 Plus」。メモリは12GBを搭載しており、ストレージは今回テストされたモデルには256GB搭載されている。OSは「Android 9.0 Pie」。

恐らくメモリ・ストレージ容量の選択肢はほかにも複数存在しているはずだ。

さて、「Snapdragon855」を搭載する「Black Shark 2」と「Snapdragon855 Plus」を搭載する「Black Shark 2 Pro」のAnTuTuベンチマークスコアの差を示した画像が以下。

実際の上記画像のように比較してみると「Snapdragon855 Plus」が搭載されている「Black Shark 2 Pro」のパフォーマンスの高さが際立つ。「Snapdragon855 Plus」は「Snapdragon855」と比べてCPU・GPU性能が向上している。

 

[source Weibo] 
[via GizmoChina]

Wonder-Xの最新情報をチェックする