Samsungの折りたたみスマホ「Galaxy Fold」は今年2月に発表された。発売は4月を予定していたが、ディスプレイの欠陥が認められたためこれを修正するために発売を延期した。

最近の情報によればSamsungは「Galaxy Fold」に確認されたいくつかの欠陥を既に修正しており、インドで製造を開始したという情報が入ってきている。一方でこの折りたたみスマホはホリデーシーズンを狙うために2019年末まで販売されないのではないかという情報も入っているため、具体的に何時頃発売されるかは現時点で相変わらず不明。

Samsungはこの「Galaxy Fold」の他にもいくつかの折りたたみスマホ開発に取り組んでいることが特許情報などから明らかになっており、台湾サプライヤからの最新の情報によるとSamsungは2020年初めに新しい折りたたみスマホを発売する可能性があるという。発売時期については予測であり具体的な証拠があるわけではないようだ。

Samsungが開発する新しい形の折りたたみスマホについて

DigiTimesが伝えた情報によるとSamsungが2020年初めに発売する可能性のある折りたたみスマホは「Galaxy Fold」のような本のように折りたたむ形を採用しているが、現在取り組んでいるものはフリップデザインになっており垂直方向に折りたたむことができるという。(ガラケーみたいなイメージ)

この折りたたみスマホに関する情報はまだあまり知られていないがこの垂直方向に折りたたむことができるスマホは6.7インチのディスプレイが搭載される予定だという。また、2019年11月からSamsungがこのスマホの部位品調達を開始することも明らかにされている。

垂直方向に折りたたむことができるこの折りたたみスマホは「Galaxy Fold」のように内側と外側どちらにもディスプレイが搭載されるのか、現在のスマートフォンのようなデザインでこれを折りたたむことができる、つまり内側にのみディスプレイが搭載されるのかは現時点で不明。今後の情報を待ち分かり次第お伝えしたいと思う。

 

[via DigiTimes , GizmoChina]

 

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする