HTCが先日予告していた新型スマホを発表している。今回発表されたスマホは「HTC U19e」と「HTC Desire 19+」の2種類。どちらもミドルレンジモデル。

「U19e」にはクアルコムの「Snapdragon710」が搭載されており、カメラはフロント・リア共に2つ搭載されている。一方で、「Desire 19+」にはMediaTekの「Helio P35」チップセットが搭載されており、リアカメラが3つ搭載されている。トリプルカメラ構成の採用はHTCにとって初めての試みだ。

「HTC U19e」のスペックや特徴について

HTCが新たに発表した新型ミドルレンジモデル「U19e」は6.0インチのディスプレイを搭載し、解像度は2160×1080(FHD+)、アスペクティは18:9。

チップセットにはミドルレンジデバイスに搭載されるクアルコムの「Snapdragon710」が搭載されており、メモリは6GB、ストレージ容量は128GBとなっている。microSDカードによる拡張にも対応している。

「U19e」の背面のカメラには12MP(F/1.8)と20MP(F/2.6)のセンサーが搭載されており、背面のカメラでは最大4K解像度の動画を撮影することができる。また、昨今のスマホの多くがサポートしているようにこのスマホもAIによる制御機能が搭載されている。

フロントカメラには24MP(F/2.0)と2MPのセンサーが搭載されている。2MPのカメラは虹彩認証のロック解除に使用される。

バッテリー容量は3,930mAhと比較的多めでQC4.0の急速充電をサポートする。

指紋認証センサーは背面に配置されている。

台湾で発表された「U19e」の価格は14,900台湾ドル(約52,000円)で6月12日より台湾で販売される。

「HTC Desire 19+」のスペックや特徴について

「U19e」と加えて同時に発表されたHTCにとって初のトリプルカメラ採用スマホ「Desire 19+」には6.2インチのディスプレイを搭載し、ディスプレイ上部にはフロントカメラのための「水滴ノッチ」を採用している。このフロントカメラには16MPのセンサーが使用されている。

HTCにとって初の試みとなる背面のトリプルカメラは背面左上に垂直配置されており、13MPのメインカメラ、8MPの超広角、そして5MPの深度センサーが搭載されている。

チップセットにはMediaTekの「Helio P35」が搭載されており、メモリ・ストレージには4GB+64GBと6GB+128GBの2つの構成が用意されている。

バッテリー容量は3,850mAh。

指紋認証センサーは「U19e」と同じく背面に配置されている。

HTCは「U10e」を直ぐに発売する予定だが、「Desire 19+」は7月に台湾で発売することを予定しており、価格は4GB+64GBモデルが9,900台湾ドル(約35,000円)、6GB+128GBモデルが10,990台湾ドル(約38,000円)で販売される予定だ。

 

[source HTC] 
[via MySmartPrice]

Wonder-Xの最新情報をチェックする