Samsungの折りたたみスマホ「Galaxy Fold」の発売が延期されている。この初代折りたたみスマホ「Galaxy Fold」は先日の情報からもう間もなく発売されるのではないかと思われるが、6月末時点でまだ発売されていない。

そんな中、Samsungは既に後継モデルを開発中であると伝えられている。韓国の報道機関からの情報によると、新型「Galaxy Fold」(ナンバリングならGalaxy Fold2?)は8インチのディスプレイを搭載し、同社のスタイラスペン「Sペン」をサポートするものになるという。

Samsungはこの件に関して何も明らかにしていないが、今回の情報によるとこの新型折りたたみスマホを2020年前半中には発表する予定だという。

「Sペン」をサポートする新型「Galaxy Fold」について

レポートによると、Samsungは現在発売を延期している「Galaxy Fold」よりも大きな8インチのディスプレイを搭載しているという。また、「Galaxy Note」シリーズや「Galaxy Tab」シリーズがサポートされているようにこの第2世代「Galaxy Fold」は「Sペン」をサポートしているとも伝えられている。

折りたたみスマホの形には現時点で様々なスタイルが存在するがこの第2世代「Galaxy Fold」も折りたたみ機構自体は現行のものを引き継ぐと言われている。

また、Samsungは既に部品メーカーに第2世代「Galaxy Fold」用の「Sペン」部品の製造を依頼していると伝えられている。

折りたたみ時のディスプレイに関する情報は現時点で明らかにされていない。初代「Galaxy Fold」には4.6インチのディスプレイが搭載されている。折り畳まれていないときのディスプレイが7.3→8インチへと大型になるのであれば応じて折りたたみ時のディスプレイサイズも大きくなる可能性が期待できる。

また、Samsungは今回の第2世代「Galaxy Fold」とは別にガラケーのように折りたたむ、クラムシェル型と呼ばれる折りたたみスマホを開発しているとも言われている。

Samsungが既に新しい折りたたみスマホを開発しているであろうことは商標登録や特許出願から明らかになっている。今回の情報の主張通り2020年台に発売されるのであれば今後徐々に新しい情報が明らかになるのではないだろうか。

 

[source THEELEC] 
[via SamMobile]

 

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする