Samsungの新型タブレット「Galaxy Tab S5」に関する情報が少しずつ出現しており、これまでの「Galaxy Tab S3」や「Galaxy Tab S4」とは傾向が異なることが示唆されている。

実際にこれまでとは異なるハイエンドタブレットになることが「Galaxy Tab S5のGeekbenchスコア」より明らかにされている。そう、「Galaxy Tab S5」はこれまでの傾向と異なり2019年のフラッグシップmドエルに搭載されるチップセット「Snapdragon855」が搭載される可能性が極めて高い。

Samsungは「Galaxy Tab S3」以降、「Galaxy Note」シリーズに搭載されるものとは若干異なる同社のスタイラスペン「Sペン」と付属して販売しているが、GalaxyClubが受け取った情報によると、「Galaxy Tab S5」についても同様に独自の「Sペン」を付属して販売するようだと伝えている。

既に発売されているミドルレンジタブレット「Galaxy Tab S5e」には「Sペン」は付属していない。

「Galaxy Tab S5」に付属すると伝えられている「Sペン」の詳細については現時点で不明だが、「Galaxy Note」スマホに搭載されているものと同じく、Samsungのスタイラスペンはとても評価が高い。

価格が気になるところだが、現行「Galaxy Tab S4」が約700ユーロ(約85,000円)で発売されたことから、恐らく同程度、ハイエンド化に伴って若干の高価格化が予想される。

「Galaxy Tab S5」は2019年8月の発表が期待されている「Galaxy Note10」と同じタイミングで発表されるか、その後に開催される「IFA2019」で発表されるものと思われる。

 

[source GalaxyClub]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする