Samsungが「Galaxy S7」と「Galaxy S7 Edge」向けに2019年6月のセキュリティパッチを含む最新のソフトウェアアップデートをリリースしている。

このアップデートには2019年6月のセキュリティパッチのみが含まれており新機能の追加等は行われていない。

また、Samsungは「Galaxy S7/S7 Edge」向けに提供するアップデート頻度を四半期ごとから不定期へと格下げを行ったため、しばらくはこのアップデートを最後に「Galaxy S7/S7 Edge」が受け取ることはないと思われる。

スマホを安全に使用するためには最新のセキュリティパッチを適用しておくことが強く推奨される。そのため、「Galaxy S7」に限らず最新のセキュリティパッチを含むアップデートが届いている場合は理由がない限りインストールしておくことをオススメする。

このアップデートのビルド番号は「Galaxy S7」がG930FXXU5ESD2で、「Galaxy S7 Edge」がG935FXXS5ESF6だ。

アップデートは現在ギリシャやボスニアなどの地域で展開されていることが確認されており、今後段階的に展開地域が拡大していくものと思われる。

「Galaxy S7」シリーズは発売から3年が経過しているため、買い替えを検討するユーザーも増えるのではないだろうか。Samsungは最新スマホ「Galaxy S10」シリーズをdocomoやauで販売している。

 

[via SamMobile]

 

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする