Samsungが「Galaxy Note8」向けに2019年6月のセキュリティパッチを含む最新のソフトウェアアップデートをリリースしている。

このアップデートには2019年6月のセキュリティパッチのみが含まれており、前回「Galaxy S9」や「Galaxy Note9」が受け取ったような新機能の実装を含む内容は含まれていない。

「Galaxy S9」や「Galaxy Note9」は先日、専用の「ナイトモード」や「QRコード」の読み取りを可能にする内容が含まれていた。

「QRコード」の読み取りについては不明だが、「Galaxy Note8」や「Galaxy S8」が専用の「ナイトモード」を実装するアップデートを受け取る可能性は低いと思われる。

理由は大きく2つ。1つは、「Galaxy S10」とハードウェア的にスペックが異なること。2つ目が「Galaxy Note8」は発売から間もなく2年、「Galaxy S8」は発売からすでに2年以上経過している事から、新規機能を実装するアップデートがリリースされる可能性が低いということ。

通常、発売から2年が経過したスマホはセキュリティパッチのみが提供される。

さて、「Galaxy Note8」向けにリリースされているこのアップデートのビルド番号はN950FXXS6DSF2。執筆時点でイラクやベトナム、タイ等の地域でこのアップデートが提供されていることが確認されている。提供知育は今後段階的に拡大されるものと思われる。

 

[via SamMobile]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする