Samsungの新型スマホ「Galaxy Note10」シリーズに関する多くの情報が明らかにされている。一部前提を覆す情報もあるものの、デザインや特徴の多くは既に判明している。

これまでの「Galaxy Note」と異なり、「Galaxy Note10」は”シリーズ”として複数のモデルが存在することが分かっているが、現在上位モデル「Galaxy Note10 Pro」のケースレンダリングがリークされている。

基本的に「Galaxy Note10 Pro」の詳細なレンダリング画像と特徴は似ているが、サードパーティ製のケースはリーク情報としてそれ程信頼性は高くない。

そのため、いつものように参考程度に留めることをオススメする。

「Galaxy Note10 Pro」のケースレンダリング画像

上記2つの画像から分かることは、「Galaxy Note10 Pro」の背面カメラは左上に垂直配置、大きなカメラは少なくとも3つ搭載されるであろうことが確認できる。このデザインはOnLeaksによる下記レンダリング画像と一致する。

また、SIMカードスロットも引き続きスマホ上部に位置することも確認できる。

次に上記2つの画像だが、「Galaxy Note10 Pro」はスマホ下部右下に「Sペン」が搭載。またこのケースレンダリングを見る限りスピーカーグリルが若干大きく見える。(ケースによって大きさは異なるため何とも言えない)

また、3.5mmイヤホンジャックはやはり搭載されていない。そして右側の画像には「Galaxy Note10」音量ボタンと電源ボタン(若しくはBixbyボタン)が配置されている。右側面の画像がないため、このボタンが電源ボタンなのかこれまで通りBixbyボタンなのかは不明。

これまでの情報によれば、「Galaxy Note10」シリーズは電源ボタンが左側面に配置され、右側面にはボタン類が配置されないという。つまり、Bixbyボタンは廃止されるようだ。

 

Samsungの新型スマホ「Galaxy Note10」シリーズは8月10日に発表されるという情報や8月下旬に発表されるというVerizonのマーケティングカレンダー等、発表日に関する情報が少しずつ増えている。現時点で共通しているのは2019年8月中に発表される可能性が高いということだ。

その他特徴についても今後さらに明らかになっていくと思われる。今後の情報に注目したい。

 

[via Sudhanshu1414/Twitter,  SamMobile]

 

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする