OnePlusの新型スマホ「OnePlus 7」シリーズに関する多くの情報が明らかにされており、これまでの情報から上位モデルの「OnePlus 7 Pro」は湾曲ディスプレイを採用し、「OnePlus 6T」よりも更に画面占有率の高い全面ディスプレイを実現することが明らかにされている。

また、この全面ディスプレイを実現するためにポップアップ式のフロントカメラを搭載することや、湾曲ディスプレイがただの湾曲ではなく今まで以上に高い解像度を持つことや一般的なスマホが採用する60Hzではなくより快適な映像体験を提供する90Hzのリフレッシュレートをサポートすることなどがリーク情報から示唆されていた。

既に「OnePlus 7」と「OnePlus 7 Pro」の詳細なデザインはOnLeaksによる詳細なレンダリング画像のリークからおおよそ判明していたが、現在実績精度100%を誇るWinFutureにより「OnePlus 7 Pro」の公式プレス画像が公開されている。

WinFutureはスマホの公式プレス画像のリークに関しての精度は100%であるため、「OnePlus 7 Pro」のデザインはこれで確定されたと考えてまず間違いない。そして用意されるカラーリングについても今回の画像から判明している。

「OnePlus 7 Pro」の公式プレス画像について - カラーリングの一部も明らかに

これまでの情報から「OnePlus 7 Pro」には3色のカラーリングが用意されると言われているが、今回その内の2つのカラーリングが公開されている。

基本的なデザインは既に公開されていた「OnePlus 7 Pro」のデザインと一致しているが、側面からの画像を見てみるとカメラの出っ張りがやや目立つのかな?といった印象。背面のカメラが垂直に中央配置されているため、テーブルの上においた際の安定性等には問題ないと思われる。

「OnePlus 7 Pro」には「Snapdragon855」が搭載され、メモリは6~12GBから選択可能になる。ストレージは128~256GB。また、これまでの情報によれば4,000mAhのバッテリー容量が搭載され、30Wの急速充電に対応すると言われている。

更に今回明らかにされた「OnePlus 7 Pro」には5G通信に対応する特別モデルも存在する。

OnePlusは5月14日に「OnePlus 7」シリーズを発表する予定。もう間もなく全てが明らかになるはずだ。

 

[source WinFuture]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする