Samsungの新型スマホ「Galaxy S10」が発売される。「Galaxy S」シリーズの新モデルは毎年2月に発表され、3月頭に多くの地域で発売される。日本では5月~6月にかけてこのモデルが発売される傾向にある。

Samsungのフラッグシップモデルには「Galaxy S」シリーズだけでなく、「Galaxy Note」シリーズも存在しており、このシリーズはスタイラスペン「Sペン」が特徴。「Galaxy Note」シリーズは毎年8月に発表され、8月末に発売される傾向にある。つまり、今年も「Galaxy Note」シリーズの最新モデル「Galaxy Note10」は8月頃に発表・発売されるはずだ。

今回はこの「Galaxy Note10」…ではなく、Samsungが2020年2月に発表することが期待される「Galaxy S10」の後継モデルに関する情報をお伝えしたい。

「Galaxy S10」の後継モデル「Galaxy S11」のコードネームが明らかに

Ice Universeが伝える情報によると、「Galaxy S10」の後継モデル「Galaxy S11」(仮称)のコードネームは「Picasso(ピカソ)」になるという。なぜ芸術家の名前なのかは不明だが、「Galaxy Note10」のコードネームは「Da Vinci(ダ・ヴィンチ)」であるため、今回も芸術家を名前を採用しているというのは不思議ではない。

また、Samsungがこれまでのナンバリングを採用すれば「Galaxy S10」の後継モデルは「Galaxy S11」と呼ばれる可能性が高いが、以前伝えられた情報によるとSamsungは「Galaxy S10」を最後に「Galaxy S」シリーズを終了し、新シリーズへと移行する計画があると伝えられている。そのため、現時点で「Galaxy S11」として伝えられる端末は実際には「Galaxy S11」ではなく新しいシリーズとして発売される可能性があることには注意しておきたい。

「Galaxy S11」がどんな端末になるかについては殆ど明らかにされていない。しかし、Samsungは2モデル毎にフルモデルチェンジを行っていることから「Galaxy S11」は今年フルモデルチェンジを果たした「Galaxy S10」と比較的似たような特徴を持つのではないかと思われる。

2020年にマイナーチェンジの「Galaxy S11」を発売し、その後フルモデルチェンジの年に新シリーズへと移行。こんも流れが自然かもしれない。「Galaxy S10」の後継モデルがどういうモデルになるのかについては今後の情報を待ちたいところ。

 

[source IceUniverse/Twitter] 
[via SamMobile]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする