Samsungの新型スマホ「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」がdocomoauが正式に取り扱いを行うことを明らかにしている。「Galaxy S10」シリーズは2019年のフラッグシップモデルで現状最も優れたスマホの1つであることは疑いようのない事実だが、「正直ちょっと買い替えには早いんだよな。」という人もいるだろう。

Samsungは現在「Galaxy S10」シリーズを更に改良した新型スマホを開発しており、これは「Galaxy Note10」シリーズと呼ばれ、昨年発売された「Galaxy Note9」の後継モデルに位置付けられる。

「Galaxy Note」シリーズは「Galaxy S」シリーズには搭載されていないスタイラスペン「Sペン」を搭載していることが大きな特徴の1つだが、「Galaxy Note10」シリーズはこれまでと大きく異なるモデルになることが期待されている。実際に現時点で「Galaxy Note10」シリーズはこれまでにない複数モデル展開になることがほぼ確定されている。

標準モデルの「Galaxy Note10」とより大きなディスプレイを持つ「Galaxy Note10 Pro」、そして各モデルに5G通信に対応するモデルが存在するため、「Galaxy Note10」シリーズには合計4つのモデルが存在することが示唆されている。

具体的なモデル毎の違いは分からない部分が多いものの、現在標準モデルの「Galaxy Note10」(SM-N970)に用意されるカラーリングがリークされている。

「Galaxy Note10」は5色展開 - 「Galaxy Note10 Pro」は更に限定カラーも存在か

MySmartPriceが独占的に伝えた情報によると、標準モデルの「Galaxy Note10」(SM-N970)には以下の5色が用意されるという。

  • ブラック
  • ホワイト
  • シルバー
  • レッド
  • ピンク

そしてより大きなディスプレイを持つ「Galaxy Note10 Pro」(仮称)にはこれらのカラーリングに加えて上位モデル限定カラーが用意される可能性があるという。

勿論、これらのカラーリングはSamsungが用意するものだが地域によって取り扱うカラーリングは異なる。具体的にレッドカラーは中国を中心に展開されやすい傾向にある。そのため2019年冬モデルとしてdocomoとauによる販売が期待できる「Galaxy Note10」だが、日本での取り扱いカラーは「Galaxy S10」のように少ない可能性は十分考えられる。

また、これらの情報は確定されたものではなくあくまでもリークによるものだ。そのため実際に用意されているカラーリングは異なる可能性があるため参考程度にとどめておくことをおすすめする。

今後の情報に注目したい。

 

[source MySmartPrice]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする