最近発売されているいくつかのスマホにはディスプレイ上で指紋認証を行うことができる新しい機能が搭載されている。

最近発売されたSamsungの「Galaxy S10」シリーズやOnePlusが昨年発売した「OnePlus 6T」等々。超音波センサーを使用しているか、光学センサーを使用しているかどうかなどの違いはあるものの、現在ディスプレイ内指紋認証機能を搭載しているスマホは有機ELディスプレイを採用している。

ディスプレイ内指紋認証は現在、有機ELディスプレイ(OLED)を使用する必要がある。これは可視光カメラとOLEDパネルの光透過率を利用して指紋を認識しているからだ。

そのため、把握している限りで液晶ディスプレイを採用しているスマホにディスプレイ内指紋認証機能は2019年4月時点では存在しないはずだ。

有機ELディスプレイは液晶ディスプレイ(LCD)と比較してコストが高いことから、エントリーモデルやミドルレンジモデルには採用されない傾向(最近は変わりつつある)にあり、同時にこれらのモデルがディスプレイ内指紋認証機能を搭載することもなかった。

しかし、この現状は直ぐに変わる可能性がある。

液晶ディスプレイ用のディスプレイ内指紋認証センサーの開発に成功

製造業者の継続的な努力のおかげで、LCDディスプレイ向けのディスプレイ内指紋認証センサーソリューションは大きな進歩を迎えている。

現在、FortsenseがLCDディスプレイ用のディスプレイ内指紋認証センサーの開発に成功したことを発表している。

R&Sの研究開発チームはLCDバックライトパネルの継続的な修正と改良を通じて、指紋を認識するための光路スキームを修正し改善したと主張している。これによって、これまで不可能だった様々な課題が解決されたという。

更に、同社はアルゴリズムベースのアプローチを採用したと伝えており、LCDディスプレイ上の指紋認証機能の最適化と認識にディープラーニングニューラルネットワークアルゴリズムを使用するという。このアルゴリズムのおかげでLCDディスプレイ上で行う指紋認証の認識率は従来の指紋認証センサーに匹敵する高さだという。

今回の開発成功によってエントリーモデルやミドルレンジモデル等のコストを理由に有機ELディスプレイを採用しないスマホにもディスプレイ内指紋認証機能が搭載される可能性が高まった。

商用可の具体的な時期は現時点で不明だが早ければ来年にも液晶ディスプレイを採用したスマホでディスプレイ内指紋認証機能を見ることができるかもしれない。

 

[via cnBeta, GizmoChina]

Wonder-Xの最新情報をチェックする