Intelが5Gモデム事業から撤退することを明らかにした今、Appleは5Gモデムをクアルコムから供給することとなる。5Gモデムを取り扱うのはクアルコム以外にもいくつかあるが、基本的に主な供給はクアルコムが行うものと思われる。

しかし、Apple関連で有名なアナリストMing-Chi Kuo氏によると、Appleは現在クアルコムに次ぐ2番目の供給会社を探しており、それは恐らくSamsungになるだろうという。そのため、Appleが2020年に発売する5G対応の「iPhone」に搭載される5Gモデムの製造はクアルコムとSamsungが行う事になると確信しているという。

また、これまでの情報通り2019年の「iPhone」には5G対応モデルは発売されないと伝えている。

Appleが2019年に5Gに対応する「iPhone」を発売しないことはユーザーへの影響は軽微だろう。というのも5G通信、まだまだ普及し始めた段階であり恩恵を得られる場面が少ない。また、5G対応スマホが本格的に普及するであろう2020年にAppleも「iPhone」の販売を大幅に拡大すると考えているという。

これは現在4G/LTEモデルを使用しているユーザーが5G対応スマホへと買い換える大きな需要が生まれるからだろう。

Appleの「iPhone」にSamsungが何かを供給するというのは本当にあるの?と思う人もいるかも知れないが、SamsungがAppleに何かを供給するというのはこれが初めてではない。

Samsungは既に「iPhone X」用のOLED(有機EL)ディスプレイを供給している。これはAppleが求める品質と量の2つの点を満たすことができる唯一のサプライヤーだったからだと言われている。そしてこのディスプレイ供給は今後も続くと言われている。

5G対応スマホはSamsungが既に韓国や米国で「Galaxy S10 5G」を発売しており、2019年内に少しずつ対応スマホが増えてくることが予想される。多くのユーザーが恩恵をられるのはもう少し後の話だが、5Gの普及に寄ってサービスが大きく進歩することは間違いない。どのようなIT社会になっていくのか、楽しみたいと思う。

 

[via SamMobile , GSMArena]

Wonder-Xの最新情報をチェックする