最新の情報によるとAppleが2020年に発売する「iPhone」は3つのモデルがOLEDディスプレイを搭載する予定だという。

Appleが2018年に発売した「iPhone XS」と「iPhone XS Max」はOLEDディスプレイを搭載しているが、「iPhone XR」はLCDディスプレイを搭載している。LCDはOLEDと比較すると安価で生産できるものの、解像度等の面で劣る。

またDigiTimesからの情報によると、台湾のサプライチェーンの情報によると2020年に発売される「iPhone」は5.42インチ、6.06インチ、6.67インチのディスプレイサイズを採用する予定だという。

2018年に発売されたものと2019年発売される3つの「iPhone」は5.8インチ、6.1インチ、6.4インチのディスプレイサイズであったため、来年の「iPhone」はよりコンパクトなモデルとより大きなディスプレイを持つモデルが存在する可能性があるということだ。

また、上述の通りこれらの3つのモデルは全てOLEDパネルを搭載予定のようだ。

2020年に発売される「iPhone」に使用されるディスプレイは現時点で引き続きSamsung Displayが採用される見込みで、LG DisplayやBOEがApple用のOLEDディスプレイを提供することができるかどうか不明とのこと。

 

[source DigiTimes] 
[via 9to5Mac]

Wonder-Xの最新情報をチェックする