2019年は多くのメーカーより折りたたみスマホが発売されると考えられており、既にSamsungとHuaweiが折りたたみスマホを発表している。Xiaomiも折りたたみスマホを開発していることを明らかにしており、これまでに何度かプロトタイプが公開されている。

すぐに発売される予定はないと思うが、XiaomiのCEOは実機で動作する折りたたみスマホ(Mi Fold)の映像も公開しており、今回も新しい映像が公開されている。

Xiaomiの折りたたみスマホはSamsungやHuaweiのどちらとも被らないDual Flex型を採用しているため、注目度も高い。勿論、価格的にも。

Xiaomiの折りたたみスマホ「Mi Fold」はジェスチャーナビゲーション操作が特徴か

動画はXiaomiのWeiboアカウントから公開されたものであるため、間違いなく公式からのもの。

動画は最初ディスプレイを開いた状態、つまりタブレットモードで使用している様子を示している。スクロールなどの操作感や感度は見る限り問題なさそうだ。そして、ホーム画面に戻る際に通常の「Android OS」みたいにボタン等で戻るわけではなく、ジェスチャーを使用して芋でっているように見える。

確かに、ジェスチャーによって違和感なく操作することができれば、ディスプレイをナビゲーションバーなどを表示する必要がないため、ディスプレイを余すことなく使用することができる。

また、ジェスチャーを使用してからホーム画面に戻るスピードも問題なさそうだ。

ある情報によればXiaomiは同社の折りたたみスマホ「Mi Fold」が2019年4月~6月にかけて発売するといい、また、価格も他の折りたたみスマホと比較すると圧倒的に安価で発売される可能性があるという。

発売時期についてはわからないが、販売価格が他よりも安くなるというのはXiaomiというだけでほぼ間違いない。一説によれば999ドル程で発売される可能性があるという。

気になるのはどうしてXiaomiの折りたたみスマホが安価で発売することができるのか。詳細は以下の記事にて記載しているが、XiaomiはVisionox Technologyのディスプレイを使用することで安価に販売することができるという。

Xiaomiがこの折りたたみスマホをグローバルで発売するかどうかは不明。どちらにせよ最初は中国向けに発売し、上手く行けばグローバル版の発売が期待できるだろう。

 

[source Weibo] 
[via wccftech]

Wonder-Xの最新情報をチェックする