OnePlusの新型スマホ「OnePlus 7」シリーズは5月14日に発表される予定で、すでに多くの情報が明らかにされている。

これまでの情報から「OnePlus 7」シリーズには通常モデルの「OnePlus 7」と様々な新機能を盛り込んだ「OnePlus 7 Pro」が存在することが判明している。

OnePlus公式が「OnePlus 7 Pro」に関する情報をいくつか明かしており、それらの情報から「OnePlus 7 Pro」に搭載されるディスプレイはこれまでと全く異なるものになるという。

「OnePlus 7 Pro」には「Galaxy S10」を想起させるような湾曲ディスプレイが採用されると言われており、QHD+の高い解像度と90Hzのリフレッシュレートに対応することなどが示唆されている。

Pete Lau氏が語った情報によればこの新しいディスプレイは従来モデルの3倍のコストを費やしているという。また、これまでのティザーの多くがディスプレイのものであることから相当ディスプレイに力を入れていることが伺える。

現状、スマホのディスプレイで最も品質の高いものはDisplayMateの評価によれば「Galaxy S10」シリーズが圧倒的だが、現在DisplayMateが「OnePlus 7 Pro」のディスプレイに関して新しい情報を公開している。

「OnePlus 7 Pro」のディスプレイは最高品質のA+評価を取得

あらゆるデバイスが搭載するディスプレイの品質を評価するDisplayMateによると、「OnePlus 7 Pro」の新しいOLEDディスプレイは既にDisplayMateラボのテストを受けており、その評価は最も高い「A+」を記録したという。

「A+」ランクは「Galaxy S10」シリーズの新しいディスプレイが取得したスコアと同じ評価で、DisplayMateが制定するスコアの中で最も高い。

DisplayMateが行った「OnePlus 7 Pro」の新しいディスプレイに関するテストの詳細は5月14日に公開されるという。

この評価に対してPete Lau氏もご満悦。

「A+」ランクを取得いている「Galaxy S10+」を実際に使用しているが、やはりディスプレイは綺麗だ。「OnePlus 7 Pro」もこれと同じレベルの品質を誇るというのであればかなり興味深く、楽しみだ。

上位モデルに位置づけられる「OnePlus 7 Pro」は販売価格がこれまでよりも高くなることがほぼ確定しているが、ディスプレイ品質の圧倒的な向上やカメラ品質の向上が行われるのであれば納得するユーザーも多いのではないだろうか。

奇を衒った機能よりも個人的にはディスプレイの品質が高いこと等は重要だ。

5月中旬に発表を予定している「OnePlus 7」シリーズの発表を楽しみにしたい。

Wonder-Xの最新情報をチェックする