Samsungが「Galaxy S9」向けに2019年4月のAndroidセキュリティパッチを含む最新のソフトウェアアップデートをリリースしている。

2019年4月のセキュリティパッチは「Galaxy Note8」が最初に受け取り、現在「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」、そして「Galaxy Note9」にも展開されている。

「Galaxy S9/S9+」向けにリリースされた今回のアップデートには2019年4月のセキュリティパッチの他に目立った変更などは行われていない。

執筆時点でこのアップデートはドイツ等の一部欧州地域で展開されており、ビルド番号はG965FXXS3CSD1でアップデートに必要な容量は110.14MB

2019年4月のセキュリティパッチには「AndroidOS」より発見されたリスクの高い5つの脆弱性と中程度の脆弱性が数十個修正されている。また、Samsungのソフトウェアより発見された脆弱性が15個修正されている。

現在ドイツを中心に展開されている今回のアップデートは、今後段階的に提供地域を拡大していくものと思われる。最近では、日本の通信キャリアdocomoが「Galaxy S9/S9+」向けに「Android 9.0 Pie」アップデートをリリースしている。auは2月に提供済み。

 

[via SamMobile]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする