スマホメーカーはユーザーがより便利により安全にデバイスを使用することができるために定期的にセキュリティパッチを含むソフトウェアアップデートをリリースすることを目指している。

しかし、毎月セキュリティパッチをリリースすることは全てのデバイス向けに提供することができないため、メーカーは新しいデバイスに優先的にアップデートを提供している。

そのため、新しい製品が発売される毎(発売から3年経過)にこれまで毎月セキュリティパッチを受け取っていたデバイスが受け取らなくなることがある。Samsungのスマホも同様で、今回「Galaxy S7」シリーズ等が毎月の定期アップデートの対象外に位置づけられた。

「Galaxy S7」シリーズは発売から3年経過している。そのため、これまで毎月セキュリティパッチを受け取っていたが、今月より四半期ごとにセキュリティパッチを含むソフトウェアアップデートを受け取ることになる。

また、「Galaxy S10」シリーズが新たに発売されたことで、「Galaxy S10」シリーズが毎月セキュリティパッチを受け取るデバイスリストに加えられている。

Samsungデバイスで2019年4月時点で毎月セキュリティパッチを提供することを約束しているデバイスリストは以下の通り。

  • Galaxy S7 Active, Galaxy S8, Galaxy S8+, Galaxy S8 Active, Galaxy S9, Galaxy S9+, Galaxy S10, Galaxy S10+, Galaxy S10e
  • Galaxy Note 8, Galaxy Note 9
  • Galaxy A5 (2017), Galaxy A8 (2018)

次に、2019年4月時点で四半期ごとにセキュリティパッチを提供することを約束しているデバイスリストは以下の通り。

  • Galaxy S7, Galaxy S7 Edge, Galaxy S8 Lite, Galaxy Note FE
  • Galaxy A5 (2016), Galaxy A6, Galaxy A6+, Galaxy A7 (2018)
  • Galaxy A8+ (2018), Galaxy A8 Star, Galaxy A8s, Galaxy A9 (2018)
  • Galaxy Tab A (2017), Galaxy Tab A 10.5, Galaxy Tab A 10.1 (2019), Galaxy Tab A Plus 8 (2019), Galaxy Tab Active2, Galaxy Tab S4 10.5, Galaxy S5e 10.5, Galaxy Tab E 8 Refresh, Galaxy View 2

 

※新興市場向けデバイス等は省略

勿論、これらのリストはSamsungが提供しているだけで、実際にはユーザーが毎月全てのアップデートを受け取っているかと言われるとそうではない。どうしても地域やキャリアに依存しているため、住んでいる地域への展開やキャリアがアップデートを提供しない可能性があるため、保証があるわけではない。

 

[source Samsung] 
[via Android Police]

Wonder-Xの最新情報をチェックする