Samsungの新型スマホ「Galaxy S10」シリーズが多くの地域で発売されている。日本も近いうちにdocomoとauが取り扱うのではないかと思われるが、既にリーク界隈の話題はその先に移っている。

Samsungが2019年8月頃に発売することが期待される新型スマホ「Galaxy Note10」に関する話題が少しずつだが出てきている。

これまでの情報から「Galaxy Note10」はこれまでと異なり複数ラインナップになることが予想されており、ディスプレイのサイズやモデル番号についても明らかにされている。

また、現状主流となっている4G/LTEモデルに加えて、「Galaxy S10 5G」のような5G通信に対応するモデルも発売すると言われているため、2019年夏の「Galaxy Note」スマホは合計で4モデル存在すると言われている。

これらは噂の域を出ていなかったが現在、アメリカの通信キャリア「Verizon」のCEO、Hans Vestberg氏によって「Galaxy Note10」が5Gmドエルに対応するモデルが存在することが確認された。

「Galaxy Note10」にも5Gモデルは存在することが確定

「Galaxy S10」にも5G通信に対応する「Galaxy S10 5G」が存在したことから、後発の「Galaxy Note10」にもそりゃ5Gモデルはあるでしょ。と言わればそれまでかもしれないが、正式に5Gモデルが存在すると認められたのは今回が初めて。

Hans Vestberg氏は同社の四半期決算発表の際に「今年発売されるNoteとGalaxyは両方とも5Gになるだろう」と述べている。また、他にもLGの「LG V50 ThinQ」も5G対応モデルとして投入されることを示唆した。

これまでの情報によると、「Galaxy Note10」には少なくともディスプレイのサイズが異なる2つのモデルが存在しており、それぞれ6.28インチと6.75インチのディスプレイを持つと言われている。

2019年夏に発売されるスマホになるため、今後夏にかけて様々な情報が明らかにされていくはずだ。今後の情報に期待したい。

 

[source TheVerge] 
[via wccftech]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする