Samsungの折りたたみスマホ「Galaxy Fold」は来月発売される予定だ。「Galaxy Fold」は折りたたみスマホでディスプレイを開いた状態で大きな画面を使用することができ、ディスプレイを閉じたときには小型のディスプレイが搭載される。

耐久性が問題視されている折りたたみスマホだが「Galaxy Fold」はSamsungによれば耐久性には自信があるようだ。先日耐久性テストの一分と思われる動画を公開している。実際の耐久性がどれほどのものなのかは不明。

「Galaxy Fold」は第1世代目の折りたたみスマホということもあり、やはり高価。技術的にも用途的にも未知数なものに誰でもが手を出せる価格ではない。

「Galaxy Fold」が取り扱われる地域は具体的に明らかにされていなかった。日本でも取り扱いが期待されているが、現在「Galaxy Fold」のファームウェア解析を続けているXDA-Developersがあるコードをリークしている。

このコードによれば「Galaxy Fold」は日本のキャリアでも取り扱いを行う準備ができているようだ。

「Galaxy Fold」のファームウェアからdocomoやauでも取り扱いが行われる可能性を示唆

上記がリークされている「Galaxy Fold」のファームウェア解析によって得られたコードの一部。実際にはもっと多くのことが分かってそうだが、現在公開されているコードは上記だけ。しかし、これには重要なことが記されている。

各コードの意味は以下の通り。

  • Beyond0QLTE – Samsung Galaxy S10e (Snapdragon)
  • Beyond1QLTE – Samsung Galaxy S10 (Snapdragon)
  • Beyond2QLTE – Samsung Galaxy S10+ (Snapdragon)
  • WinnerLTE_USA_SINGLE – Samsung Galaxy Fold (USA – Carrier?)
  • WinnerLTE_USA_OPEN – Samsung Galaxy Fold (USA – Unlocked?)
  • WinnerLTE_CAN_SINGLE – Samsung Galaxy Fold (Canada – Carrier?)
  • WinnerLTE_KOR_SINGLE – Samsung Galaxy Fold (South Korea)
  • WinnerLTE_CHNZC – Samsung Galaxy Fold (China Mainland?)
  • WinnerLTE_CHNHK – Samsung Galaxy Fold (Hong Kong)
  • WinnerLTE_DCM – Samsung Galaxy Fold (Japan – NTT Docomo)
  • WinnerLTE_KDI – Samsung Galaxy Fold (Japan – KDDI)
  • WinnerLTE_EUR_OPEN – Samsung Galaxy Fold (Europe – Unlocked)
  • BoltQ5G – 5G Verizon modem
  • BeyondXQ – 5G Samsung Galaxy S10+ (Snapdragon)

分かるだろうか。日本の通信キャリア「docomo」と「au」が記載されている。この事から少なくともファームウェアレベルでは「Galaxy Fold」をdocomoとauで発売する準備ができているということだ。

とは言え、ファームウェアレベルで準備ができていても、キャリアとの交渉云々で発売されないということも考えられるだろう。

また、多くの地域では来月発売される「Galaxy Fold」だが、日本では「Galaxy S10」が5月~6月にかけて発売される事を考えると、もう少しあとになる可能性もあるだろう。勿論、「Galaxy S10」と同時期という可能性もある。

まだ公式アナウンスが行われていないため不明な部分が多いが「Galaxy Fold」が日本で販売されたらどれほど受け入れられるのか、興味深い。

 

[source XDA-Developers]

Wonder-Xの最新情報をチェックする