Samsungの折りたたみスマホ「Galaxy Fold」が2019年4月26日より発売予定となっており、現在多くのメディア向けにレビュー用の「Galaxy Fold」が配布されている。

折りたたみスマホの最大の課題はその耐久性だが、昨日よりレビューユニットを受け取った米国を中心とするユーザーから芳しくない報告が相次いでいる。

「Galaxy Fold」を受け取った多くのユーザーが使用し始めて1~2日で使用不可になったと報告している。使用不可の理由は殆どがディスプレイが壊れた・割れたというもの。

不具合の報告は大半が米国ユーザーに配布された「Galaxy Fold」からで、その他の地域に配布されたものは特に問題なく動作していると伝えられている。では、どうして「Galaxy Fold」のディスプレイが数日で使用不可になったのか。

「Galaxy Fold」には梱包時点でディスプレイに保護フィルムのようなものが装着されている。どうやらこの保護フィルムのようなものが「Galaxy Fold」のディスプレイを問題なく動作させるために非常に重要なもののようで、不具合を報告した殆どのユーザーはこのフィルムを剥がしたため壊れたとのこと。(剥がしていないのに壊れたとの報告もあり。)

根本的な理由はSamsungが調査中とのことだが、基本的に保護フィルムを剥がしたというのが共通している部分だ。

このフィルムは通常のスマホにはられているような保護フィルムとは異なり、特別な保護膜として機能するようで、「Galaxy Fold」の修理ガイドに何度も重要性が説かれているという。とは言え、このガイドは現時点で一般公開されていないため、ユーザーに重要度を伝えることはできない。

「Galaxy Fold」にあらかじめ装着されている保護膜が非常に重要なのであれば、もっと大々的にアナウンスするべきである。例えば箱を開けた時点で目に入る場所に注意書きを設けるとか。

「Galaxy Fold」の保護膜を剥がさなければ問題なく使用し続けることができるのか、多くのユーザーが懐疑的になっている。個人的にも発売後すぐには手を出さず、少し様子を見てもいいのではないかと考えている。

Samsungのこの件に関するアナウンスは以下の記事にまとめている。

 

[source SamMobile]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする