ASUSの新型スマホ「Zenfone 6」は5月16日に正式に発表されることが期待されている。「Zenfone 6」は現行「Zenfone 5」の後継モデルに位置づけられるフラッグシップモデル。近年、「Zenfone」は日本の格安SIMメーカーやAmazonが積極的に取り扱っており、シェアが徐々に伸びてきている。

2019年のフラッグシップモデルに位置づけられるため「Zenfone 6」は「Snapdragon855」を搭載するが、現在「Zenfone 6」と思われるデバイスのAnTuTuベンチマークスコアがAnTuTu公式によって公開されている。先日発見された「Zenfone 6」のGeekbenchスコアと同じように「Snapdragon855」や6GBを搭載しており、またディスプレイ解像度なども明らかにされている。

「Zenfone 6」のベンチマークスコア - AnTuTu

今回発見された「Zenfone 6」と思われるデバイスは「Snapdragon855」と6GBのメモリを搭載している。実行OSは「Android 9.0 Pie」のため発売時点でGoogleの最新OSを搭載する。

また、今回発見されたモデルは128GBのストレージを搭載しており、ディスプレイの解像度は2340×1080だ。モデル番号はGeekbenchのものと同じ「I01WD」。

そしてAnTuTuスコアは363,172を記録しているため、「Zenfone 6」は他のフラッグシップモデルと遜色ないパフォーマンスを持っており、2019年のフラッグシップモデルに相応しいといえる。

その他のデバイスとのAnTuTuスコアの比較は以下の通り。

  • ASUS Zenfone 6 - 363,172
  • Xiaomi Mi9(Snapdragon855) - 387,851
  • Lenovo Z5 Pro GT(Snapdragon855) - 368,480
  • Samsung Galaxy S10+(Snapdragon855) - 360,194
  • Huawei Mate20 Pro(Kirin980) - 309,628
  • Apple iPhone XS Max(A12 Bionic) - 372,106

 

[source AnTuTu] 
[via GSMArena]

Wonder-Xの最新情報をチェックする