昨年から多くのメーカーが「ゲーミングスマホ」と呼ばれる新しいカテゴリーのスマホを発売している。このカテゴリーに属するスマホは名前の通り、スマホゲームをより快適にプレイすることを目的としたスマホで、ゲーミングPCと同じようにとても高いパフォーマンスを発揮する。

既にRazerの「Razer Phone2」やASUSの「ROG Phone」等、様々なゲーミングスマホが存在し、Xiaomiも「Black Shark」と呼ばれるゲーミングスマホを発売している。Xiaomiの「Black Shark」は既に2台のゲーミングスマホを発売しており、現在3台目のゲーミングスマホを開発していることが明らかにされている。

また「Black Shark Skywalker」という名前でベンチマークスコアがGeekbench上から発見されており、このスマホが「Snapdragon855」を搭載することやこれまで以上にパフォーマンスに優れることなどが明らかなっていた。

「Skywalker」はコードネームである可能性が高いため、実際に発売される製品名は異なるが、このXiaomiの新型ゲーミングスマホ「Black Shark Skywalker」はXiaomi公式によって存在が認められており、間もなく発表予定だと伝えられている。

このスマホの特徴についてはわからない部分も多かったが、現在XiaomiのCEOがWeibo上で行っているプロモーションビデオを公開しており、その情報によるとこのスマホは「Liquid Cooling 3.0」という新しい技術が搭載されるという。名前から察するに「水冷冷却」システムだ。

そしてこのWeiboへの投稿で正式名称が明らかにされており、「Black Shark Skywalker」として知られていたこのスマホの正式名称は「Black Shark Game Phone 2」と呼ばれるようだ。恐らく「Black Shark 2」と呼べば通じると思われる。

「Liquid Cooling 3.0」の仕組みは良く分かっていないが、少なくとも水冷冷却システムであることは間違いない。ゲーミングPCを効率よく冷やすために水冷冷却は用いられるが、スマホにまでこの技術が使用されるというのはただただ凄い。実際の冷却性能などについてはまだ分からないが、スマホのサイズで水冷システムを構築できるというのが驚きだ。

どんなゲーミングスマホになっているのか今後の情報に期待したい。

 

[source Weibo] 
[via GizmoChina]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう