Googleは毎年、3月~4月にかけて新しい「Android OS」を発表しており、2019年に発表されるのは「Android P」(Android 9.0 Pie)の次のOSになるため、「Android Q」(Android 10.0 ◯◯)になることが予想される。

「Android OS」にはバージョンごとにお菓子の名前がつけられているが、「Q」のお菓子が何に決定されるのかはまだ不明。公式発表までは「Android Q」として扱われる。

Googleは昨年、3月7日にPixelスマホ向けに最初の「Android P」(後にAndroid 9.0 Pieと呼ばれるもの)の開発者向けプレビュー版をリリースした。そのため、今年ももう間もなくGoogleは新しいOSを発表すると思われる。

最初はGoogleのPixelスマホ向けにのみ開発者向けプレビュー版が提供されるが、2019年5月7日から9日にかけて開催されるGoogle I/O 2019で、多くのデバイス向けに「Android Q」のベータプログラムが開始される。

新しい「Android Q」はダークモードの実装等、いくつかの特徴が明らかにされているが、現在「Android Q」で動作する「Pixel 2」のベンチマークスコアがGeekbench上で発見されている。

「Android Q」で動作する「Pixel 2」のベンチマークスコア

上記が実際に発見された「Android Q」で動作している「Pixel 2」のベンチマークスコア。シングルコアスコアが1,856、マルチコアスコアが6,307を記録していいる。スコアは「Android 9.0 Pie」で動作する「Pixel 2」とほぼ変わらないため、Googleが「Android Q」の作り込みが順調に進んでいることを表している。

「Android Q」で動作する「Pixel 2」が発見された=すぐに発表、というわけではないが、記録しているスコアが同デバイス書きr得する平均的なスコアと変わらないことから、最適化は順調であり、開発者向けプレビュー版の発表準備も進んでいるものと予想することができる。

具体的にいつ発表されるかは不明だが、昨年の発表時期なども考慮すると、Googleは近日中に「Android Q」の開発者向けプレビュー版をPixelデバイス向けに発表・リリースするのではないだろうか。

 

[source MySmartPrice]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう