OnePlusは昨年発売した「OnePlus 6T」で3.5mmイヤホンジャックを廃止した。この決断は肯定的な意見もあったが、やはり依然として有線イヤホンを使用するユーザーが多いことから否定的な意見が多かった。

それに対して、OnePlusは3.5mmイヤホンジャックを廃止する理由を説明し、結果的に「OnePlus 6T」は多くのユーザーによって受け入れられ2018年最も優れたスマホの1つとして成功を収めた。

「OnePlus 6T」で3.5mmイヤホンジャックを廃止した理由や、今後のトレンドなどを考えるとOnePlusが以降のスマホでイヤホンジャックを復活させる可能性は低く、2019年に発売される新型スマホ「OnePlus 7」も引き続きイヤホンジャックは搭載されない見通しだ。

OnePlusがイヤホンジャックを復活させる予定は現時点でないようだが、現在OnePlusは完全ワイヤレスイヤホンを開発しているようだ。同社が開発している完全ワイヤレスイヤホンは「OnePlus 7」と一緒に発表される可能性がある。

OnePlusが完全ワイヤレスイヤホンが開発中

Pete Lau氏がWeibo上で語った内容によれば、イヤホンジャックを廃止するという一般的なトレンドの下で、ワイヤレスヘッドセットはOnePlusが長い期間を書けて取り組む製品になるだろう。
また、同社のcloud earはとても優れていると伝えている。

ここでいう「cloud ear」とは製品名ではなく完全ワイヤレスイヤホンを指す比喩表現だと思われる。

この事からOnePlusが完全ワイヤレスイヤホンを開発していることは間違いなく、また、現時点でその出来については自信を持っていることが伺える。

しかし、改善を重ねるために同氏はこの投稿上でユーザーの声を聞き、ユーザーが何を求めているのか。色々聞いている。

コメント上で寄せられた求めるものとして多かったものは、やはりBluetooth機器最大の課題である遅延0。これについてはPete Lau氏も同じように思っているようだが、やはり現時点で遅延0は不可能。しかし、可能な限り遅延を少なくするように努めているという。

OnePlusは既に完全ワイヤレスイヤホンではないものの、ワイヤレスイヤホン「OnePlus Bullets Wireless」を発売しており、この製品の評価は非常に高い。有線の「Bullets Wireless」と比較するとやや劣るという声もあるが、基本的にワイヤレスイヤホンの中ではかなり評価は高い。勿論、価格帯での話で「Bullets Wireless」は約7,000円で発売されているため、数万円するイヤホンと比較するのはナンセンスだ。

さて、OnePlusが完全ワイヤレスイヤホンを開発していることは明らかになっているが、明確な発表時期についてはまだ明らかにしていない。とはいえ、OnePlusは製品の発表前に情報を小出しにし、ユーザーと意見交換を行う。

今回もその一環だと思われる。OnePlusは5月末~6月にかけて、「OnePlus 7」及び「OnePlus 5G」の発表イベントを開催する予定だ。公式による情報を待っての判断になるが、恐らくこのイベントで「OnePlus 7」と一緒に同社の完全ワイヤレスイヤホンを発表するのではないかと思われる。

今後の情報に期待したい。

 

[source Weibo] 
[via 91mobiles]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする