最近のスマホはバッテリー容量が大きく、また、充電速度も従来よりも圧倒的に速いスピードで充電することができるようになってきた。

多くのスマホが急速充電技術をサポートしており、30分で充電が完了する50W超えの急速充電が既に商用化されており、先日はXiaomiがわずか17分で4,000mAhのバッテリー容量を満タンまで充電する100Wの「Super Charge Turbo」技術が発表された。

バッテリー容量の拡大と充電時間の短縮が益々進んでいるが、Samsungの新型スマホ「Galaxy S10」は中華スマホが誇るほどの充電速度は持っていない。1~2時間以内に殆どのSamsungスマホは充電を完了することができるものの、やはりOnePlusやOPPOのような充電速度をプッシュするものと比較すると見劣りするのも事実。

「Galaxy S10」シリーズは15Wの有線急速充電技術まで対応している。5G通信に対応する「Galaxy S10 5G」のみ25Wの急速充電をサポートしている。

そのため、「Galaxy S10」シリーズのウィークポイント(弱点)として充電時間が挙げられることが多かったが、Samsung Greater Chinaの社長、Quan Guixian氏によるとこのウィークポイントは近日中に改善されそうだ。

「Galaxy S10」シリーズが今後のアップデートで25W急速充電に対応へ

Samsung Greater Chinaの社長、Quan Guixian氏によると、同社の新型スマホ「Galaxy S10」「Galaxy S10+」「Galaxy S10e」は今後提供されるアップデートで25Wの急速充電技術に対応するという。

このアップデートは特別な方法でインストールする必要もなく、定期的に提供されるOTA経由のアップデート内容に含まれるようだ。

また、同氏によるとこのアップデートは来月中に提供される予定だという。このアップデートが提供された後に、このアップデートをダウンロード及びインストールすることで全ての「Galaxy S10」シリーズユーザーは25Wの急速充電器を使用することで25W急速充電を使用することができる。

Samsungスマホで25Wの急速充電に既に対応しているのは5G通信に対応する「Galaxy S10 5G」や新型ミドルレンジモデル「Galaxdy A70」等だ。

 

[source itHome](中国語) 
[via GizmoChina]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする