Samsungの新型スマホ「Galaxy S10」が発表された。「Galaxy S10」シリーズにはコスパに優れた「Galaxy S10e」を除いてディスプレイ内指紋認証機能が搭載されている。

「Galaxy S10」よりも前にディスプレイ内指紋認証機能を搭載したスマホは発売されていたが、これらは光学センサーと呼ばれる光を利用することによって実現していた技術。しかし、Samsungの「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」が搭載しているのはクアルコムの超音波センサーを使用したディスプレイ内指紋認証技術。

これによって認証スピードや精度等、多くの点で優れたパフォーマンスをユーザーに提供することができるのだが、1つ懸念事項として画面保護フィルムや保護ガラスを装着していると指紋認証が上手く反応しないのではないかということ。

多くのユーザーがスマホ購入時におすすめの画面保護フィルムやガラスを探したことだろう。「Galaxy S10」ではその苦労に加えて指紋認証が上手く反応するかどうかについても気をつけないといけない可能性があったのだが、今回それらを考慮して保護フィルムやガラスを探す必要がないことが明らかになった。

また、実際に「Galaxy S10」で画面保護フィルムを装着していると指紋認証が反応しないのかについても簡単に解説したいと思う。

「Galaxy S10」シリーズは画面保護フィルムが梱包時点で装着済み

3/2追記

箱に入った状態で、保護フィルムが装着されているのは「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」の2つで、ディスプレイ内指紋認証機能を搭載しない「Galaxy S10e」については用意されていないとのこと。

画面保護フィルムや保護ガラスを装着しているとディスプレイ内指紋認証が上手く反応しないのではないかという懸念があった「Galaxy S10」シリーズだが、Samsungによると「Galaxy S10」シリーズは梱包時点で画面保護フィルムがプリインストールされているようだ。

そのため、これまでのスマホのようにおすすめの保護フィルムを探す必要がなくなった。また、装着されているのは保護フィルムであって保護ガラスではない。この理由については後述する。

Samsungが「Galaxy S10」シリーズにプリインストールしている自社製の保護フィルムは29.99ドルで販売するという。これは超音波センサーを使用する指紋認証センサーを問題なく反応させるためだという。サードパーティ製の保護フィルムや保護ガラスの中には指紋認証(超音波)に対応する製品もあるかもしれないが、問題なく動作するかわからない場合はSamsung公式の保護フィルムを使用することが推奨される。

また所謂、画面保護ガラスと呼ばれる製品やポリウレタン素材で作られた画面保護フィルムに関してはSamsungは問題なく動作するか保証できないとも伝えている。

さて、ここからは「Galaxy S10」のディスプレイ内指紋認証が本当に保護フィルムや保護フィルムを貼っていると反応しないのかという疑問について。

「Galaxy S10」の指紋認証は保護ガラスだと反応しない

上記動画はMarques Brownlee氏の検証動画。結論から言って「Galayx S10」の指紋認証は、保護”ガラス”を貼っているとほぼ反応しないと考えて良いだろう。(3分40秒辺り~)

一方、画面保護フィルムに関しては問題なく指紋認証が反応していることも確認できる。1つ注意点として、全ての保護フィルムが対応しているというわけではない。あくまでも検証に使用したフィルムは反応したという結果だ。

また、光学センサーを使用する「OnePlus 6T」等のディスプレイ内指紋認証では、手が濡れている状態や油で汚れている時などは上手く認証してくれない。しかし、超音波センサーを使用する「Galaxy S10」ではこういった手のコンディションが良いとは言えない状況でも基本的に認証してくれるようだ。スピードもとてもスムーズでストレスを感じるものではない。

「Galaxy S10」シリーズを購入しようと考えている人の中で、Samsung公式以外の保護フィルムを使用したい場合、問題なく指紋認証が反応するかどうかはよく調べてから決めたほうが良さそうだ。

 

[source Samsung] 
[via The Verge]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする