Samsungの新型スマホ「Galaxy S10」シリーズが発表される前、このスマホが従来のスマホよりも読み込み速度や書き込み速度に優れたストレージ規格UFS3.0を採用するのではないかという噂があった。

これまでUFS3.0規格を採用したスマホは発売されておらず、「Galaxy S10」がこの規格を採用する最初のスマホになるのではないかと言われていたが、実際のところ「Galaxy S10」はUFS3.0規格は採用しておらず、「Galaxy Note9」等と同じUFFS2.1規格に準拠したストレージを搭載している。

しかし、興味深いのはSamsungの折りたたみスマホ「Galaxy Fold」のストレージはUFS3.0規格に準拠したものを搭載しているということだ。

Samsungの「Galaxy S10」シリーズがUFS3.0規格を採用したストレージを搭載するかもしれないという情報は、Samsungが昨年10月に香港で開催されたクアルコムの4G/5Gサミットでの内容からだった。その情報によるとSamsungはUFS3.0ストレージを2019年前半に製品として出荷する予定であることを明らかにしていた。

この事から、2019年前半に発売される「Galaxy S10」にUFS3.0ストレージが搭載される可能性があると伝えられたのだ。実際には「Galaxy S10」はUFS2.1であるため、この時の情報を真実と考えるのであれば「Galaxy Note10」はUFS3.0ストレージを搭載しているのではないかと思われる。

残念ながら「Galaxy S10」には搭載されなかったUFS3.0ストレージは「Galaxy S10」や「Galaxy Note9」のストレージが採用するUFS2.1規格と比較してデータのアクセス速度が最大2倍になるという。また、実際の速度だけでなく、新しい2.5V(Power Mode)では消費電力が削減されるため、電力効率も向上するという。

簡単に言うと、UFS3.0はUFS2.1と比較して「今までより速く、今までより低燃費」だ。

これまでの情報から「Galaxy Note10」はUFS3.0規格のストレージを搭載する可能性が高いと思われ、また、OnePlusの最新スマホ「OnePlus 7」もUFS3.0ストレージを搭載するのではないかと言われている。

実際に搭載されるかどうかについては今後の情報を見極めたいと思う。

 

[source TechInsights] 
[via SamMobile]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう