Samsungの新型スマホ「Galaxy S10」シリーズが発表された。このシリーズには大きく3種類のラインナップが存在し、「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」には超音波センサーを用いたディスプレイ内指紋認証機能が搭載されている。

この機能はSamsungが初めて実現した機能で、超音波センサーを用いたディスプレイ内指紋認証は「Galaxy S10」が世界初だ。さて、多くの人が気になるのは超音波式のディスプレイ内指紋認証はどれほど使えるのか。

機能面で言えば、「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」の指紋認証はとても素晴らしく、認証スピードは勿論、精度もとても高い。また、光学センサーでは難しかった手が濡れている状態や汚れている状態での認証も可能にしている。

良いところばかりが目立ちがちなこの機能、どういった場面で使えないのか、また仮に画面に傷や割れが入っても問題なく動作するのか?気になるのではないだろうか。現在、多くのデバイスの耐久性をテストするJerryRigEverythingが「Galaxy S10」の耐久性テストを行っている。

「Galaxy S10」の耐久性ってどうなの?

上記が実際の耐久性テストの動画。この動画を元に「Galaxy S10」の耐久性について簡単に解説してみたいと思う。

最初に、「Galaxy S10」に梱包時点で装着されている画面保護フィルムだが、これはプラスチック製で特別傷に優れたものではないため、傷は入りやすい。本体に傷は入らないため、お守りとしては使えるだろう。

まず、「Galaxy S10」のディスプレイはコーニング社の「Gorilla Glass 6」に対応している。そのため、これまでのスマホよりも画面に対する傷に強く、日常的にスマホを使用していれば基本的に傷は入らないはずだ。「Gorilla Glass 6」に対応しているのは「Galaxy S10」と「Galaxcy S10+」で「Galaxy S10e」は「Gorilla Glass 5」まで対応している。背面ガラスは全てのモデルが「Gorilla Glass 5」。

「Gorilla Glass 6」に対応している「Galaxy S10」はこれまで多くのスマホが5レベルで傷が入っていたものの、6レベルでやっと薄い引っかき傷が入っていることが分かる。また、コーニング社によると「Gorilla Glass 6」は前世代と比較して約2倍の落下耐性を備えているため、今までよりもスマホを落としても画面が割れにくくなったという。

また、「Galaxy S10」の側面に配置されている電源ボタン等の、各種ボタンはカッターナイフのような引っ掛かりのあるものでひっかくと、取れるようだ。しかし、簡単にはめ直すことができるようだ。ボタンを外すときの力の入り方から、日常的にスマホを使用していてボタンが取れた!となる可能性は低いだろう。

因みに「Galaxy S10」のディスプレイをライターで炙ると、画面は黒くならないものの跡は残るようなので、炙らないように。

次に、スマホが大きくなり始めた頃から報告されていた「スマホをポケットに入れていたら曲がった」というものにフォーカスを当てたもの。

「Galaxy S10」は力を入れている最中は曲がっているように見えるものの、動作には全く問題ないようだ。これは「Galaxy S10」の画面やパネルの内側にある金属フレームがしっかりしているおかげだろう。このフレーム部分が脆弱で、曲げテストを行うとバキバキになるスマホもあるため、その点「Galaxy S10」は常識的な力であれば「スマホが曲がった」とはならないはず。

さて、ここからが本題。「Galaxy S10」に搭載されている超音波式の指紋認証はどれだけ傷が入っても問題なく認証するのか。

「Galaxy S10」の指紋認証は傷が入っても反応する?

結論から言うと、基本的な引っかき傷は大丈夫。力を込めて意図的に傷を入れると無理。

動画では「Galaxy S10」のディスプレイに傷が確認できる硬さ「6」レベルから指紋認証部分に傷を入れて問題なく反応するか確認していく。

「6」レベル程度の傷であれば「Galaxy S10」の指紋認証は全く問題なく機能するようだ。特にもたつくこともなく傷は入っていない状態と変わらず反応する。

次に明らかに目立つ傷が入る「7」レベル。

ここまで露骨に傷が入ると「Galaxy S10」の指紋認証は反応しないようだ。つまり、「Galaxy S10」は画面が割れていると指紋認証は使えないということだ。大事に使おう。

因みに、同程度の傷が入っていても、光学センサーを使用するディスプレイ内指紋認証センサーは、問題なく反応する。

 

この動画を見る限り「Galaxy S10」の耐久性は昨年の「Galaxy S9」同様、高いようだ。常識的な使い方であれば物理的に壊れる・使えなくなることはないだろう。ただし、「Gorilla Glass 6」であっても画面は割れる時は割れる。スマホは既に高い買い物。大事に使いたい。

 

[source JerryRigEverything]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう