Samsungの新型スマホ「Galaxy S10」シリーズには3種類のモデルが存在する。

大きさ順に5.8インチの「Galaxy S10e」、6.1インチの「Galaxy S10」、6.4インチの「Galaxy S10+」の3つだ。これらのスマホのスペックは基本的に共通になっており、「Galaxy S10e」でも優れたパフォーマンスを発揮することができるが、大きさが異なるためバッテリー容量はモデルごとに異なる。

各モデルのバッテリー容量は以下の通り。

  • 「Galaxy S10e」:3,100mAh
  • 「Galaxy S10」:3,400mAh
  • 「Galaxy S10+」:4,100mAh

 

昨年の「Galaxy S9」の後継モデルに当たる「Galaxy S10」はバッテリー容量が3,000mAhから3,400mAhと400mAh容量が大きくなっている。また、「Galaxy S9+」の後継モデルに当たる「Galaxy S10+」は3,500mAhから4,100mAhへと600mAh容量が大きくなっている。

「Galaxy S9」シリーズと「Galaxy S10+」シリーズではディスプレイのサイズが異なり、S9は5.8インチ、S10は6.1インチとやや大きく。S9+は6.2インチ、S10+は6.4インチと0.2インチ大きくなっている。ディスプレイサイズが共通のもので比較すると「Galaxy Note9」が挙げられるが、「Galaxy Note9」には6.4インチのディスプレイに4,000mAhのバッテリー容量が、「Galaxy S10+」は6.4インチのディスプレイに4,100mAhの容量が搭載されている。

これだけ聞くと「Galaxy Note9」と殆ど変わらないじゃないか、と思うかもしれないが確かに容量だけ見ると殆ど変わらない。しかし、ここで見てほしいのはデバイスの厚みと重さだ。

「Galaxy Note9」は8.8mmの厚みで201gの重さを持つ。それに対して「Galaxy S10+」は7.8mmの厚みで175gの重さを持つ。スマホで1mm薄くなっており、重さも26g軽くなっているため、大型ディスプレイにも関わらずとても軽くなっている。この軽さのおかげで横になってスマホを長時間使用していても腕が疲れにくくなるのでとてもありがたい。(S9+は8.5mm・187g)

さて、「Galaxy S10」シリーズのバッテリー容量について簡単に紹介させてもらったが、ここからはこのバッテリーがどれだけ持つのか。複数の動画で行われているバッテリーテストの結果をまとめたいと思う。

「Galaxy S10」シリーズのバッテリー持続時間はどれぐらい? - 比較

今回は3つの動画で行われている「Galaxy S10+」を含む各スマホのバッテリー持続時間のテストの結果をまとめてみたいと思う。 3つの動画全てでテストされているのは「Galaxy S10+」で、1つの動画には「Galaxy S10e」が登場する。残念ながら執筆時点(3/15)で「Galaxy S10」を使用したバッテリーテストが見つからなかったため、今回は紹介を省かせていただく。

また、注意点としてこれらのバッテリー持続時間のテストは全て動画主が手動でテストしているもの。そのため環境や使い方によってテスト結果に誤差が生じることがある。しかし、完全テキストベースで実際にどんなテストを行っているか明らかにしていないものよりも圧倒的に信頼性が高いと考えているため、敢えて動画を用いて紹介させてもらう。

  1. Galaxy S10+:7時間30分
  2. Huawei Mate20 Pro:6時間47分
  3. Galaxy Note9:6時間41分
  4. OnePlus 6T:6時間16分
  5. iPhone XS Max:6時間11分

 

  1. OnePlus 6T:9時間5分
  2. Galaxy S10+:9時間4分
  3. Huawei Mate20Pro:8時間5分
  4. Galaxy Note9:8時間3分
  5. Galaxy S9+:7時間25分
  6. Pixel 3XL:7時間9分
  7. iPhone XS Max:6時間55分

 

  1. Galaxy S10+:8時間30分
  2. Galaxy S10e:7時間34分
  3. iPhone XS Max:7時間2分
  4. iPhone XR:5時間47分

 

上記3つの動画の結果を紹介させてもらった。

各動画によって結果や時間に大幅な差があるのはテスト方法が動画毎に異なるためだ。ただし、どの結果を見ても「Galaxy S10+」のバッテリー持続時間は現状フラッグシップモデルの中ではトップクラスに長いと言えるだろう。

最後の3つ目の動画の結果は「iPhone XR」が最も短く次いで「iPhone XS Max」、トップが「Galaxy S10+」ということになっているが、これについては更に多くのテスト動画を見てから判断したい。というのも、「Galaxy S10e」のバッテリー容量は3,100mAhと2つの「iPhone」の容量だけを見れば多いものの、バッテリー持続時間に定評のある「iPhone XR」よりも2時間近く長持ちすることはあるのだろうか?という点だ。

とはいえ、動画を見る限りテスト方法に問題はないと思われるため、1つの結果として捉えておきたい。ただし、このテスト結果が正当ではない可能性としてデバイスの解像度がフェアな設定にされていない可能性だ。上記2つの動画では解像度が記載されているものの、最後の動画では記載されていない。これに関してはわからないため、可能性として伝えておく。

とはいえ、すべての動画で共通して言えることは「Galaxy S10+」のバッテリー持ちは「Galaxy Note9」よりも「Galaxy S9+」よりも長く、また、2018年に発売されたフラッグシップモデルの多くと比較してもそれ以上のバッテリーもちがあることが分かる。

バッテリーの持ちは多くのユーザーによって重要な要素。購入の際の参考になれば幸いだ。

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする