2019年のスマホのトレンドはディスプレイにカメラ用の穴が開けられている「パンチホールカメラ」だと言われている。既に発表してある「パンチホール型」のディスプレイを採用しているデバイスはSamsungの「Galaxy A8s」やHuaweiの「Nova4」等が挙げられる。

今月20日に発表を予定している「Galaxy S10」シリーズもこのパンチホール型のディスプレイ技術「Infinity-O」ディスプレイを採用することが判明しており、2019年頭から様々なパンチホール型のディスプレイを採用する新型スマホが登場してきている。

可能性は低いが、この流れはAppleの今後の「iPhone」にも来るのではないかという情報もある。デザインの賛否はもちろんあるが間違いなく新しい技術として注目されているこの「パンチホールカメラ」は2019年のスマホトレンドだ。

そのため様々なメーカーがパンチホール型のディスプレイを採用した新型スマホを発表することが期待されているが、現在Xiaomiがこれらの特徴を持つスマホの開発に取り組んでいることが世界知的所有権機関(WIPO)のリストより発見されている。リストによるとXiaomiのパンチホール型のスマホはデュアルカメラを特徴とするようだ。

Xiaomiも2019年のスマホトレンド「パンチホールカメラ」を採用するスマホを開発中か

Xiaomiが新しく特許を取得している画像は上記のもので、ディスプレイ上にいくつかのカメラが搭載されていることが分かる。しかし、この特許の画像を見る限り「Galaxy S10」や「Galaxy S10+」のものとはやや異なるようだ。

「Infinity-O」ディスプレイを採用し、フロントカメラが2つ搭載されている「Galaxy S10+」は楕円形の「ノッチ」に見えるような形で右上に2つ搭載されているが、Xiaomiの特許画像はそれぞれが独立して搭載されているように見える。

実際にリストに示されている画像は上記のものだけでなく、実に24種類者デザインが示されているため、現段階でXiaomiが実際に採用するパンチホールカメラのデザインや特徴を知ることはできない。しかし、実際に特許を取得していることが分かることから、Xiaomiが何かしらこれらのスマホの開発に取り組んでいる、若しくは取り組もうとしていることは明らかである。

勿論、特許取得=発売ではない。そのためXiaomiのパンチホール型のディスプレイを採用する新型スマホに関する情報を更に知る必要がある。どのようなデザインや特徴、またいつ頃発売されるのかについて今後時の情報に期待したい。

 

[via Let'sGoDigital , GSMArena]

Wonder-Xの最新情報をチェックする