Xiaomiは2月20日に新型スマホ「Mi9」を発表する予定。「Mi9」がどんなスマホになるかは既に多くの情報から判明しており、最近ではXiaomi自らがその特徴の多くを発表している。

「Mi9」は2018年に発売され世界中で大好評だった「Mi8」シリーズの後継モデルに位置づけられる。「Mi8」には「Mi8 Exproler Edition」と呼ばれるボディが透明でスペックがより優れたモデルが存在した。この特別モデルはあまりに人気すぎて多くのユーザーが手に入れることはできなかった。その後「Mi8 Pro」が発売されたことで手に入れることは可能になったが。

さて、「Mi8」の後継モデルに位置づけられる「Mi9」。当然「Mi9 Exproler Edition」が存在する可能性は極めて高かった。これまではリークによって存在がほのめかされていたが、現在Xiaomi公式によって「Mi9 Exproler Edition」の存在とその特徴が明らかにされている。

前回リークされた「Mi9 Exproler Edition」のレンダリング画像は背面のカメラが4つ搭載されていたが、公式情報によるとこれは誤りで背面はトリプルカメラ構成になっているようだ。

Xiaomi「Mi9 Exproler Edition」の公式デザインと特徴について

チップセットは標準モデルの「Mi9」と同じ「Snapdragon855」を搭載すると思われる。

XiaomiのLei Jun氏がWeiboに投稿した内容によると、「Mi9 Exproler Edition」の背面に搭載される3つのカメラの内1つのカメラは48MPのセンサーが搭載される。このカメラがメインカメラとして機能するが、標準モデルのメインカメラとはやや性能が異なる。標準モデルのメインカメラは48MP(F/1.75 , 6P)だったが、透明バージョンは48MP(F/1.47 , 7P)となっている。

また「Mi9 Exproler Edition」に搭載されるメモリ容量は「Galaxy S10+」の限定モデルと同じ12GBになることが公式に認められた。

「Mi9 Exproler Edition」のデザイン面の最大の特徴は背面が透明ボディになっているが、Lei Jun氏によるとこの背面ガラスは0.4mmの厚さしかないという。これはA4用紙4枚分の厚みとのころ。

さて、これによって通常モデルの「Mi9」と「Mi9 Exproler Edition」の違いを要約すると以下の通り。

  • 背面のデザイン
  • リアのメインカメラの性能
  • メモリ容量

その他にも違いが明らかになったらお知らせしたいと思う。

 

[source Weibo] 
[via XDA-Developers]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう