Xiaomiの新型スマホ「Mi9」のパフォーマンスの凄まじさはXiaomi公式が公開したAnTuTuスコアから明らかになっていたが、現在「Mi9」の8GBメモリを搭載したモデルがGeekbench上で発見されている。

今回のベンチマークもAnTuTuスコアの時と同様に素晴らしいスコアを叩き出していることが分かる。2019年2月時点で言えば1,2を争うパフォーマンスの高さなのではないだろうか。あくまでもベンチマークの数値上最も優れたスマホン1つであることが分かるが、必ずしも実際の操作感とベンチマークスコアが一致しているとは限らないため、あくまでも参考程度に留めておくことをオススメする。

Xiaomiの新型スマホ「Mi9」のベンチマークスコアがGeekbenchより明らかに

上記が実際に発見されたXiaomiの新型スマホ「Mi9」のベンチマークスコア。リストを見てみると、この「Mi9」は8GBのメモリを搭載していることが確認できる。また、OSも最新の「Android 9.0 Pie」で動作している。マザーボードは「cepehus」と記されているが、現状ここまでのパフォーマンスを発揮できるチップセットはクアルコムの「Snapdragon855」だけであることや、既にXiaomi公式に「Snapdragon855」を搭載することが確認されているため、間違いなく「Snapdragon855」が搭載されている。

さて、実際のパフォーマンスだが、8GBメモリを搭載した「Mi9」はシングルコアスコアが3,522、マルチコアスコアが11,277だ。

同時期に発売される「Galaxy S10」に搭載される「Exynos9820」のGeekbenchスコアはシングル・マルチそれぞれ4,472/10,387だ。「Exynos9820」はシングルコア性能の面では秀でているもののマルチコア性能では「Mi9」に劣るようだ。因みに「Snapdragon855」を搭載した「Galaxy S10」のGeekbenchスコアは公式発表1ヶ月前にリークされた情報を元にするとシングルコア・マルチコアそれぞれ3,413/10,256だ。

シングルコア/マルチコア
  • Xiaomi Mi9:3,522/11,277
  • Galaxy S10(Snapdragon855):3,413/10,256
  • Galaxy S10(Exynos9820):4,472/10,387

「Galaxy S10」の情報はどちらも公式発表よりもしばらく前にリークされた情報であるため、製品版ではパフォーマンスが改善されている可能性があるものの現時点での情報を元にするとベンチマークスコアは「Mi9」のほうが「Galaxy S10」よりも優れていることが分かる。

実際はそれぞれ搭載するUI等が異なるため、実際の使用感とは異なる可能性は十分にある。それでも11,000超えのGeekbenchスコアや380,000超えのAnTuTuスコアは目を見張る物がある。

 

[source Geekbench] 
[via GizmoChina]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう