Samsungは先日より「Galaxy S9」と「Galaxy Note9」等の主要なフラッグシップモデル向けに2019年2月のセキュリティパッチを含む最新のソフトウェアアップデートをリリースしているが、現在2世代前の「Galaxy S7」向けにも同様のアップデートがリリースされていることが確認された。

Samsungが「Galaxy S7」向けにリリースしたアップデートには2019年2月のセキュリティパッチ飲みが含まれており、その他の大きな変更は行われていないようだ。

「Galaxy S7」は「Android 9.0 Pie」へのOSアップデートを受け取る予定はないため、今回のアップデートは勿論「Android Oreo」ベースのアップデートになっている。2019年2月のセキュリティパッチには5つの重要度が極めて高い脆弱性の修正や高リスクや中リスクの脆弱性が数十個修正されている。また、Samsungのソフトウェアより発見された脆弱性が12個修正されている。

このアップデートのビルド番号はG930FXXS4ESAEで、現在イギリスとオーストリア等の欧州地域を中心に展開が始まっているようだ。「Galaxy S7 Edge」のビルド番号はまだ明らかになっていないが、近日中に「Galaxy S7 Edge」にも同様のアップデートがリリースされると思われる。

 

[via SamMobile]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう