Samsungの「Galaxy S10」シリーズは日本時間2月21日午前4時より開催されるイベント「Galaxy UNPACKED 2019」で発表される予定。

「Galaxy S10」シリーズには「Galaxy S10e」「Galaxy S10」「Galaxy S10+」の3種類が存在し、「Galaxy S10e」は他のモデルよりもいくつかの機能を搭載しないことで安価に販売されると言われている。

また、「Galaxy S10e」にはAppleの「iPhone XR」がそうだったように限定カラーが存在し、「Galaxy S10e」には「カナリーイエロー」と名付けられた黄色をベースにした限定カラーリングが存在する。既に「カナリーイエロー」のレンダリング画像が公開されているため、大体このような色合いになるのだなと知ることはできるが、現在Samsung公式のものと思われる「Galaxy S10e」のポスターが公開されている。

Samsung公式のポスターには限定カラー「カナリーイエロー」で作られた「Galaxy S10e」が映されている。特別このポスターから新たに知ることのできる情報はないが、やはりこの「カナリーイエロー」かなり明るい。

「iPhone XR」の原色に近いイエローと比較して、蛍光色になっている「Galaxy S10e」の「カナリーイエロー」だが、好みははっきりと別れそうだ。スポーツウェアであればこの蛍光色も浮かずに収まりそうだが、普段遣いでこの蛍光色はちょっと明るすぎるような気もする。

元も子もない話をすると、ケースを付けるユーザーからするとまず見えなくなるので関係ないのだが…。

また、日本で「Galaxy S10e」は取り扱われるかは分からないが、取り扱われる事になった場合、人気モデルになれるのか気になるところだ。

 

[source GSMArena]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする