Samsungの新型スマホ「Galaxy S10」シリーズは来週20日に発表予定。既に多くの情報がリークされていたが、昨日ついにスペックシートが流出するなど致命的なまでに明らかにされすぎている「Galaxy S10」。今回のスペックシートはこれまでのリーク情報とは明らかに異なり、Samsung内部からの情報集出で、内部版の特定に動いているものと思われる。

そんな何かと話題の「Galaxy S10」シリーズにはこれまで同様、公式ケースが存在することが明らかになっている。公式ケースにはいくつかのバリエーションが有り、それぞれモデル別に用意される予定だ。既に多くの小売業者の元に届けられていると思われるが、現在スマホ用アクセサリーを取り扱う通販サイトMobile FunがSamsungの「Galaxy S10」シリーズ専用の公式ケースに関する動画を公開している。

この動画では「Galaxy S10」シリーズ専用に設計されたSamsung公式のケースのデザインが判明したほか、「Galaxy S10」がリバースワイヤレス充電機能をサポートするというこれまでの噂を裏付けている。

これらのケースは現行「Galaxy S9」等に用意されていた公式ケースのデザインから大きく変わっているわけではないようだが、より全面ディスプレイに近づいた「Galaxy S10」に最適化されて設計されている。ケースはレザー製でスマホの背面と側面を覆うデザインになっている。また、「LED View」カバーは背面・表面・側面を保護し、クレジットカード等を収納するためのポケットがついている。

また、以前の情報から「Galaxy S10」がスマホ本体をワイヤレス充電器として使用することのできるリバースワイヤレス充電機能をサポートすると言われていたが、この公式ケースの説明にリバースワイヤレス充電機能に関する記載を確認することができる。これまでの情報からやはりSamsungはリバースワイヤレス充電機能の事を「PowerShare」と名付けているようで、これによってスマホ本体で完全ワイヤレスイヤホンを充電することができるようになったり、毎日役に立つわけではないが時々役に立つ?機能をサポートすることが裏付けられた。(FFC等の機関による認証から確定的ではあった。

 

[via SamMobile]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう