Samsungの「Galaxy S10」シリーズが来週20日に開催される「Galaxy UNPACKED 2019」で発表されることは既に周知の事実となっている。既に多くの情報がリークされておりこの新型スマホは「Galaxy S10」「Galaxy S10+」「Galaxy S10e」の3モデル展開になる予定。

公式発表が来週に迫っていることもあってか、Samsungによる「Galaxy UNPACED 2019」イベントに向けてマーケティング活動が活発化しており、多くのティザーが公開されている。現在Samsung Vietnamが「Galaxy S10」のものと思われる新しいティザーを公開しており、「Galaxy S10」が持つ新機能を示唆している。これらの機能は全モデルがサポートするわけではなく一部モデルがサポートするものも含まれている。

「Galaxy S10」は4K自撮りやリバースワイヤレス充電のサポートを示唆するティザー

これは「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」の2モデルが搭載する予定のディスプレイ内指紋認証機能にフォーカスを当てたティザーで、この動画はただディスプレイ内指紋認証機能にフォーカスを当てているだけでなく、超音波技術についてフォーカスを当てていることが確認できる。

このティザーはフロントカメラ、つまり自撮りにフォーカスを当てていることが確認できる。動画内には4Kに関する記載は出てこないが、動画タイトルが4Kを示していることから、「Galaxy S10」のフロントカメラが4Kの撮影に対応することを示唆している。また、動画は「揺れる」→「揺れる」→「揺れない」という安定にもフォーカスを当てていることが分かる。これは以前の情報の「Galaxy S10」のフロントカメラが光学式手ぶれ補正をサポートするという情報と一致する。

最後にこのティザーは明らかにバッテリーについての内容であり、特にワイヤレス充電にフォーカスを当てているものであることが確認できる。これまでの情報によると、Samsungは15Wのワイヤレス充電と9Wのリバースワイヤレス充電をサポートすると言われている。

Samsungは2月20日に「Galaxy S10」シリーズを含め、様々な新製品を発表する予定。

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする