Samsungは来週20日に「Galaxy UNPACKED 2019」を開催し、このイベントで少なくとも新型スマホ「Galaxy S10」シリーズを発表する予定である。他にも折りたたみスマホが発表される可能性が高いことや、新型ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」の発表、そしてスポーツ用スマートウォッチ「Galaxy Watch Active」も高い確率で発表されるものと思われる。

様々な新デバイスが発表されることから注目が集まっているが、これまでに多くの情報を与えてきたのが恐らくメイン?になるであろう「Galaxy S10」シリーズ。この「Galaxy S10」シリーズには3モデル存在することが確認されており、「Galaxy S10」「Galaxy S10+」「Galaxy S10e」と呼ばれるモデルが存在する。情報が出始めた初期段階では「Galaxy S10e」は「Galaxy S10 Lite」として知られていたが、最近では「Galaxy S10e」と呼ばれるだろうという見方が強まっていた。

名称ってそんなに大事かと言われると僕はそこまでこだわりを持たないが、実際にどのような名称で呼ばれるかについては確証が持てない期間が続いていた。しかし、現在Samsung Franceの公式ページに「Galaxy S10」シリーズすべての名称が登場したことで、正式名称が何になるかが確定した。

「Galaxy S10」シリーズの正式名称が公式ページのお漏らしから確定へ

Samsung Franceは恐らく誤って公開してしまったと思われるもので、上記画像の通り「Galaxy S10」シリーズの名称はこれまでの情報通り「Galaxy S10」、「Galaxy S10+」、そして新しくコスパに優れたモデルになる「Galaxy S10e」になることが確定した。カモフラージュの線もあるのでは?と突っ込まれそうだが、この時期になってカモフラージュはもはや意味をなさないため、その可能性はまずないだろう。

確定したモデルは「Galaxy S10」が6.1インチのディスプレイ、「Galaxy S10+」が6.4インチのディスプレイ、「Galaxy S10e」が5.8インチのディスプレイを搭載していることがこれまでの情報から明らかにされており、全てのモデルはSuper AMOLEDディスプレイを使用している。Appleの「iPhone」の場合は、「iPhone XR」のみが「Liquid Retina」ディスプレイと呼ばれる液晶ディスプレイを使用していたが、「Galaxy S10」シリーズは全てのモデルが有機ELディスプレイになっている。

また、「Galaxy S10」シリーズには5G通信に対応する「Galaxy S10X」として知られる特別モデルが存在することも分かっているが、このモデルは来週、発表こそされる可能性はあるものの発売自体はほか3モデルよりも遅れて発売される予定だ。更に、5Gに対応する「Galaxy S10X」は米国や韓国等の一部市場でのみ販売されるモデルになると言われていることからも上記画像のフランスのページには5G通信に対応する「Galaxy S10X」に関する記載は確認できない。

 

[via SamMobile]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう