先日の情報から、NVIDIAがTuringアーキテクチャを採用する「GTX1660Ti」と呼ばれる新しいグラボを開発していることが明らかになっている。製品名は現時点での暫定的なもので今後変更になる可能性は十分にあるが、先日の情報によるとこのグラボはTuringアーキテクチャを採用するものの「RTX20」シリーズのようにリアルタイムレイトレーシング機能は搭載しないと言われている。「GTX1660Ti」はこれによって優れたパフォーマンスを持つグラボでも安価に販売することができると伝えられている。

現在、ハードウェアに関する多くのリークを行うことで有名なTUM_APISAK氏から、NVIDIAが現在開発している「NVIDIA Geforce GTX1660Ti」の最初のベンチマークが公開されている。この情報によると「GTX1660Ti」は「GTX1060」よりも約20%優れたパフォーマンスを持っているようだ。

リークされた「GTX1660Ti」のAotSベンチマークスコアについて

TUM_APISAK氏によると「GTX1660Ti」がCoffee Lake H(CFL-H)プロセッサが搭載されていることから、このグラボはモバイル版「GTX1660Ti」だと伝えている。

さて上記画像によると、モバイル版「GTX1660Ti」は7,400ポイントのスコアを記録しており、優れたパフォーマンスと価格を提供する「GTX1060」よりも約20%優れたパフォーマンスを発揮している。「GTX1060」は同じベンチマークテストで6,200ポイントを記録している。

また、興味深いことに同氏は「GTX1660Ti」とは別にTiのつかない「GTX1660」が存在することも明らかにしている。「GTX1660Ti」にはGDDR6メモリが搭載されるが、「GTX1660にはGDDR5Xが搭載されるという。

「GTX1660Ti」のパフォーマンスは今回初めてベンチマークスコアが明らかになっただけで、まだまだベンチマークスコアからパフォーマンスを推測するには情報不足だ。「GTX1660」に関しては存在がわかった段階。更に多くの情報を必要とするだろう。

具体的な発売時期は不明だが、NVIDIAは来月すぐに「Geforce GTX1660Ti」を発表する可能性があり、このグラボと同じタイミングで「GTX1660」も発表する予定だという。

[source TUM_APISAK] 
[via VideoCardz , TomsHardware]

Wonder-Xの最新情報をチェックする