先日からNVIDIAの新型グラボ「GTX1660Ti」や「GTX1660」に関する情報が出てきている。これらのグラボにはTuringアーキテクチャが採用されるが、リアルタイムレイトレーシング機能を搭載しないと言われている。これによって、販売価格を抑えながらも優れたパフォーマンスを提供することができる。

既に「GTX1660Ti」のベンチマークスコアや搭載されるメモリが「GTX1660Ti」がGDDR6・「GTX1660」がGDDR5を採用することも明らかにされているが、現在HardOCUPから、新しい情報が明らかにされている。

情報によると、これらの新しいグラボは「Geforce GTX16」シリーズと呼ばれ、このシリーズには現段階で3モデル存在するという。またこれらのグラボがいつ発売されるかについても言及している。

 

HardOCUPからの情報によると、「GTX16」シリーズで最も多くの情報が明らかにされている「GTX1660Ti」は2月15日に発表される予定で販売価格は279ドルになるという。また、NVIDIAは「GTX1660Ti」よりもCUDAコア数が少なく、メモリにGDDR5を採用する「GTX1660」を3月上旬に229ドルで発売する予定だという。

これまでに見てきた「GTX16」シリーズは上記の2モデルだったが、同メディアによると「GTX16」シリーズには少なくともも1モデル存在し、「GTX1650」と呼ばれる可能性があるという。「GTX1650」の情報はまだ不明だが、3月下旬頃に179ドル程で発売する予定だという。これら全てのモデルはTuringアーキテクチャを採用する予定だ。

[source HardOCUP] 
[via VideoCardz]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう