多くのアプリやOSが「ダークモード」や「夜間モード」と呼ばれるような、背景などを黒系統の色にした目に優しいモードを実装し始めて以来、多くのユーザーがそれらの機能を多くのアプリやプラットフォームでの実装を求めている。Googleは「YouTube」アプリにも「ダークモード」を実装しており、このモードの効果を感じているユーザーも多いはずだ。多くのアプリでこの機能の実装を望む声が多いが、ついに「Chrome」にも「ダークモード」が実装されるかもしれない。ダークモードはバッテリー消費を軽減するのにも大いに役立つ。

厳密に言うと今回新たに「ダークモード」の実装が期待視されているのはAndroid版の「Chrome for Android」だ。デベロッパーは既にテストの準備ができているようだ。

Android版「Chrome」に待望の「ダークモード」が実装か

因みに「ダークモード」はWindowsとMac用の「Chrome Canary」で既に発見されている。この事実が余計にAndroid版「Chrome」へも「ダークモード」実装を望む声が多かったのだ。「Chrome Canary」とは「Chrome」のデベロッパー向けビルドで、最新の機能を体験することが出来る。ダウンロードは誰でも可能だ。

とは言え、Android版「Chrome」に直ぐに「ダークモード」が実装されるかと言われればそういうわけではない。あくまでも開発に取り組んでおり、初期テストを実行する準備ができているという段階の話だ。Googleが今年リリースする「Android」向け最新OS「Android Q」にはシステム全体のダークモードもできるようになると噂されているため、Googleアプリの「Chrome」がそれに対応するというのは自然な流れだ。どのタイミングでGoogleがAndroid版「Chrome」にダークモードを実装するのかなどは不明だが、最終的に実装されると前向きに考えて良いのではないだろうか。

[via 9to5Google]

Wonder-Xの最新情報をチェックする