カプコンは1月25日に「バイオハザード Re:2」を発売したが、発売初週で出荷本数が300万本を突破したことを発表している。

カプコンの「バイオハザード」シリーズは世界中の多くのユーザーによって愛されており、オリジナル作品の「バイオハザード2」は累計販売本数が496万本を突破している大人気作品だ。バイオハザードは武器やアイテムを駆使し惨劇からの脱出を試みるサバイバルホラーゲームで、1996年の第1作発売以降、シリーズ累計販売本数8,800万本(2019年1月28日時点)を超えるカプコンの代表的なコンテンツの1つだ。シリーズ1作品目の発売からすでに20年以上経過してもなお、世界中の多くのユーザーによって愛されている。

オリジナル「バイオハザード2」のフルリメイク作品となる今作「バイオハザード Re:2」は当時のシナリオをベースに、最新の開発環境を駆使し、現代のコンソール向けに1から作り直したゲームだ。ゲームエンジンにはホラーゲームへと原点回帰を果たした「バイオハザード7」に使用された「Re Engine」を改良したものを使用し、精細なグラフィックや視覚効果が特徴的だ。

「バイオハザード0」「バイオハザード1」「バイオハザード2」はアクション要素だけでなく、優れたホラー要素でも高い評価を得ていたが、そのホラー要素を現代の技術を駆使することで効果を増幅させている。

そんなフルリメイク作品「バイオハザード Re:2」はPC・PS4・Xbox One等、主要コンソールで1月25日より発売が開始されているが、カプコンによると発売初週で300万本の出荷を果たしたことを報告した。「バイオハザード7」は発売からしばらく期間が空いても継続的に販売本数を伸ばしており2018年末時点で600万本を達成している。「バイオハザード Re:2」でも同様に継続的な販売本数の確保を目指すとのこと。

「バイオハザード Re:2」の無料DLC「THE GHOST SURVIVORS」は2月25日より配信予定だ。

カプコンは3月8日に「デビルメイクライ5」の発売も控えている。「モンスターハンターワールド」以降、猛追を続けるカプコンだが2019年も多くのゲーマーを楽しませてくれることに期待したい。

 

[source CAPCOM]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう