2019年も多くのメーカーがスマホ市場を盛り上げてくれると思うが、今年いくつかのメーカーは全く新しいスマホを発売する予定だ。全く新しいスマホとは「折りたたみスマホ」のことであり、Samsungは2019年中に現在「Galaxy Fold」として知られる折りたたみスマホを発売する予定だ。また、HuaweiやLG等の多くのメーカーも折りたたみスマホを発売する計画があることが明らかになっており、2019年は折りたたみスマホの競争が始まる年になると言えるだろう。そんな中2018年に多くの市場成功を収めた中国のOEM「Xiaomi」のものと思われる興味深い折りたたみスマホが公開されている。

これまでXiaomiの折りたたみスマホに関する情報は入ってきておらず、今回公開された情報が恐らくはじめてのものだ。通常デバイスの初期情報は文字やコンセプトイメージ等が公開される傾向にあるが、今回のデバイスは最初から動作している動画が公開されている。

Xiaomiの折りたたみスマホは三つ折りでライバル機器と大きく差別化か

上記が実際にEvan Blass氏によって公開されたXiaomiのものと思われる折りたたみスマホの動作動画だが、この折りたたみスマホはこれまでに幾つか見てきている多くのメーカーの折りたたみスマホのデザインとは異なり三つ折り式であることが確認できる。そのため、折りたたんでいない状態ではディスプレイサイズがかなり大きいように見える。

一見タブレットのように見えるこのデバイスだが、動画で「Googleマップ」を開いた状態でデバイスの左右を折りたたんでスマホのように変形している。また、アプリのUIも折りたたみに対応して問題なく動作しているように見える

この動画に出てくる折りたたみスマホのデバイスにはXiaomiのカスタムOS「MIUI 10」で動作していることも確認できる。

とは言え、Evan Blass氏はこの動画のデバイスが間違いなくXiaomiの折りたたみスマホであるという確証はないと伝えているため、細かく作り込まれたフェイクである可能性も捨てきれない。しかしフェイクにしてはかなり精巧に作られていることからこのデバイスはXiaomiの折りたたみスマホである可能性は高い。Xiaomiのスマホの特徴はハイパフォーマンスでありながら価格が抑えられているというものであるため、仮にXiaomiが折りたたみスマホを発売しても価格はかなり抑えられているのではないかと思われる。Samsungが開発している「Galaxy Fold」はかなり高価格になると言われており、20万年を超えるのではないかと言われているため、Xiaomiが現在開発していると思われるこの折りたたみスマホにも注目が集まりそうだ。

[via Android Community]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう