OPPOの未発表のデバイスが現在ベンチマークのGeekbenchから発見されている。このGeekbenchより発見されたデバイスは「Poseidon」というコードネームが付けられており、そのベンチマークスコアからOPPOの新しいフラッグシップモデルだと思われる。

OPPOの新型スマホのコードネームは「Poseidon」で「Snapdragon855」を搭載

上記が実際に発見されたOPPOの未発表デバイスのベンチマークで、モデル名には「OPPO Poseidon」と名付けられていることが分かる。そのため、現時点でこの新型スマホの正式なモデル名は明かされていないが、明らかに「Poseidon」というコードネームを持っていることが分かる。また、このスマホのベンチマークスコアは、シングルコアスコアが3,810、マルチコアスコアが10,963と「Snapdragon845」よりも優れたパフォーマンスを実現していることが分かる。この事と、マザーボードが「Snapdragon855」を示す「msmnile」であることからも、OPPOの「Poseidon」と名付けられた新型スマホにはほぼ確定的に「Snapdragon855」が搭載されていると言える。また、実行OSが「Android 9.0 Pie」であることが確認できるため、販売時点で「Android 9.0 Pie」を搭載している可能性も高い。

「Snapdragon855」は次世代通信の5G接続をサポートしており、より優れたパフォーマンスを発揮する。5G通信自体は「Snapdragon855」搭載機が全て対応するのではなく、クアルコムの「Snapdragon X50」5Gモデムも搭載するモデルが5G接続を可能とする。OPPOの「Poseidon」と呼ばれる新型スマホが5Gに対応しているかどうかは分からない。2019年に発売される通常ラインナップの最新モデルであれば5Gには対応しないはずだ。多くのメーカーでは特別モデルとして一部市場向けに5Gモデルを発売すると言われている。

現時点でOPPOの新型スマホ「Poseidon」に関する情報は少なく、今後さらに多くの情報を知る必要がある。OPPOがこのスマホをいつ発売するのかについてもまだ不明だが、近日中に発売するのであれば近日中に更に多くの情報が明らかになるはずだ。今後の情報に期待したい。

[via GizmoChina , GizChina]

Wonder-Xの最新情報をチェックする