Huaweiが2018年に発売したフラッグシップモデル「P20」シリーズは日本でも人気モデルとなっており、最近も良くテレビでCMを見ていたような気がする。「P20」やその後に発売された「Mate20」シリーズは市場から評判がよく、Huaweiが今年発売する予定のフラッグシップモデルにも注目が集まっている。

Huaweiが2019年に発売するフラッグシップモデルはこれまでのナンバリング通りであれば「Huawei P30」と呼ばれる可能性が高く、これまでにいくつかの情報が明らかにされている。精度の高いリークを行うOnLeaksから詳細なレンダリング画像が明らかにされており、その情報によれば「P30」は「水滴ノッチ」を採用し、カメラはトリプルカメラになるという。上位モデルの「P30 Pro」は4つのカメラ、クアッドカメラを搭載している可能性があるとも伝えられている。

Samsungの「Galaxy S10」程、発表が差し迫っていないため、新しい情報の入り方も落ち着いているが、現在ロシアの認証機関EECによって2019年のフラッグシップモデル「P30」シリーズと思われるデバイスが認証を受けていることがわかった。今回認証を受けたデバイスは今月始めに中国の3C期間からも認証を受けている。

「Huawei P30」シリーズのモデル番号とコードネームの秘密

EECの認証を受けた「P30」シリーズと思われるデバイスは3種類で、昨年と同じように3モデル展開になると思われる。実際に認証を受けたデバイスのモデル番号は「VOG-L29」「ELE-L29」「MAR-LX1M」の3種類。

これまでHuaweiはEECの認証を受けるときには製品名が付けられていたが、今回はモデル名はリストには表記されていない。モデル番号だけでは、どれがどれかを対応付けることはできないが、以前興味深い情報が明らかにされており、その情報でデバイスの1つは紐付けが可能だ。

その情報は「Huawei P30」のコードネームは「Elle」になると言われていた。そして今回の3つの内1つのモデル番号が「ELE-L29」だ。以前伝えられた情報が真であれば、コードネームとモデル番号を紐付けることができるため、「Huawei P30」のモデル番号は「ELE-L29」でコードネームは「Elle」ということになる。

その他のモデルは現時点で紐付けることは難しいが、GSMArenaに匿名で伝えたユーザーによると「Huaweiの次期フラッグシップモデルにはVogueがコードネームとして使われる」と伝えた。そして、今回のモデル番号の内1つが「VOG-L29」だ。とは言え、これだけでは「P30 Lite」なのか「P30 Pro」なのかは不明。

ロシアの情報メディアによると、Huaweiの2019年のフラッグシップモデルはコードネームにファッション雑誌を使用している可能性があると伝えている。「ELE」が「Elle」で、「VOG」が「Vogue」、そして「MAR」は「Marie Claire」から来ている可能性が高いという。

現時点で全てのモデルを紐付けることはできないが、「Huaewi P30」シリーズのモデル番号とコードネームが明らかになったといえる。「P30」のみ既に紐付けが可能で「ELE-L29」。

これらの情報の内、Huaweiが「VOG-L29」「ELE-L29」「MAR-LX1M」の3種類のモデル番号を持つデバイスでEECの認証を受けているという情報のみが確実な情報でその他の情報はこれまでの情報から推測したものだ。そのため、実際のものとは異なる可能性がることには十分注意していただきたい。

 

[via GizmoChina]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう