Samsungが来月発表する予定の「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」のライブ画像がAllAboutSamsungよりリークされている。

Samsungは来月20日に「Gakaxy UNPACKED 2019」イベントを開催し、このイベントで2019年のフラッグシップモデル「Galaxy S10」シリーズを発表する予定。これまでの情報から「Galaxy S10」シリーズには5.8インチの「Galaxy S10 Lite」・6.1インチの「Galaxy S10」・6.4インチの「Galaxy S10+」が存在し、また韓国や米国などの限られた市場では5Gに対応する「Galaxy S10 X」が発売される予定だ。また、これらのモデルは「Galaxy S10 Lite」のみフラットディスプレイを採用し、その他のモデルはエッジディスプレイを採用する。また、全てのモデルは「Galaxy A8s」が採用したように「Infinity-O」ディスプレイを使用する。

発売まで残り1ヶ月と近づいているため、いつものように2019年に入ってからは特にリークのスピードが増している。今回AllAboutSamsungが「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」の実機画像をリークしている。同メディアは過去にも多くの実機画像をリークしており、今回も信憑性はかなり高いだろう。

「Galayx S10」と「Galaxy S10+」の実機画像 - イヤホンジャックは変わらず搭載

 

上記がAllAboutSamsungより公開された画像。この画像がフェイクである可能性は低い。画像を見てみると「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」は背面のカメラがトリプルカメラを搭載しており、昨年の「iPhone XS」と「iPhone XS Max」と同じようにディスプレイの大きさは違えどカメラ性能に差はないと見て良いのではないだろうか。ただし、これは背面のカメラに限っての話で表面は異なる。「Galaxy S10」には「Infinity-O」ディスプレイを採用し右上に1つのフロントカメラが搭載されていることが確認できる。また、「Galaxy S10+」には右上に2つのフロントカメラを搭載いているようだ。

また、底面の端子は同じく「USB-C」を採用し、3.5mmイヤホンジャックを搭載していることも確認できる。「Galaxy A8s」で初めてイヤホンジャックを廃止したことから「Galaxy S10」にも不安が広がっていたが一安心といったところ。

興味深いのは「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」のベゼルを比較してみると、「Galaxy S10」の方がやや太いベゼルを持っているようだ。これらのデバイスは製品版ではなくプロトタイプであると伝えているため、カラーリングは異なる可能性があるが、グラデーションカラーの設定になっているようだ。Samsungは2018年後半に発売したデバイスや「Galaxy S9」にグラデーションカラーを採用しているため、「Galaxy S10」シリーズもグラデーションカラーを採用する可能性は充分あるだろう。

プロトタイプであることから、製品版では起動時のブートロゴは変更される可能性があるという。

[source AllAboutSamsung] 
[via wccftech]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする