Samsungの折りたたみスマホ「Galaxy Fold」はSonyの「IMX374」カメラセンサーを使用する可能性が浮上

Samsungは2019年にも多くのスマホやタブレットなどを含む多くのデバイスを発表・販売する予定で、2019年1発目に注目されているのはフラッグシップモデルの「Galaxy S10」シリーズだ。「Galaxy S10」シリーズについてはこれまでに様々な情報を見てきており特徴やデザインが判明している。夏には「Galaxy Note10」も発表する予定だと言われており、今年もフラッグシップモデルを2モデル、ミドルレンジモデルも多くのモデルが投入される予定だ。しかし、2019年に最も注目されているSamsungスマホの1つは「Galaxy Fold」と名付けられるだろうと言われている折りたたみ式スマホだ。

「Galaxy Fold」についてはSamsungも小出しにいくつかの情報を明らかにしてはいるものの、「Galaxy S10」と比較すると分からない点がとても多い。最近の情報によると「Galaxy Fold」のリアカメラはトリプルカメラを搭載する可能性が高いとされており、SamsungはこれらのカメラセンサーにSony製のIMXセンサーを使用する可能性が高いという。これらのカメラがどのような特徴になるのかなどについては不明だがSamsungはまだ未発表のSony製の「IMX374」センサーを選ぶ可能性があるという。

「Galaxy Fold」にSony製の「IMX374」センサーを使用する可能性が高いと言われているものの、Samsungの新しい「ISOCELL」センサーが使用される可能性も十分ある。どちらのセンサーもまだ未発表であるため、センサーの詳細などについては不明だ。

Sonyの「IMX374」を最初に搭載するモデルは「Galaxy S10」かも?

一分情報によるとSamsungはSonyの「IMX374」センサーを「Galaxy Fold」に使用する可能性があるが、最初に搭載するモデルは「Galaxy Fold」ではないかもしれない。情報によるとSamsungはこの「IMX374」センサーを「Galaxy S10」にも使用する可能性があるという。Samsungは「Galaxy S10」を2月のMWC2019前後で発表すると言われているため、「Galaxy S10」に搭載されるセンサーについてはもう間もなく明らかになるはずだ。

Samsungは「Galaxy Fold」の正式なリリース日を明らかにしていないが、先日「Galaxy Fold」用のグローバル向けファームウェアの開発を始めたと言われていることもあり、3月に発売されるのではないかと噂されている。しかし、Samsungは「Galaxy Fold」で十分なユーザーエクスペリエンスを提供できるようになるまで発売を延期する可能性があるとも言われているため、今後の情報に注意したいところ。2019年は折りたたみ式スマホがいくつかのメーカーから発売されることが期待されており、新しい刺激を得られる年になりそうだ。

[via SamMobile]