Samsungは既に「Galaxy S9」や「Galaxy Note9」向けに安定版の「Android 9.0 Pie」アップデートをリリースしており、現在多くの地域向けに展開し始めている。Samsungが「Android 9.0 Pie」へのアップデートをリリースする予定のデバイスは勿論この2モデルだけでなく、多くのデバイスが対象に入っている。自分のデバイスが対象リストに入っているかどうかはロードマップより確認できる。

また、Samsungが次に「Android 9.0 Pie」へのアップデートをリリースするのは、1世代前の「Galaxy S8」や「Galaxy Note8」だと言われており、既に一部地域でベータプログラムを実施している。フラッグシップモデルで、「Android 9.0 Pie」へのアップデートを受け取る予定のデバイスは「S8」以降であり、残念ながら「Galaxy S7」シリーズは受け取る予定には含まれていない。これは「Galaxy S7/S7 Edge」が既に2つのOSアップデートを受け取っているからだ。

そのため、Samsungは「Galaxy S8」や「Galaxy Note8」向けに「Android 9.0 Pie」へのアップデートを受け取った後は、2018年に発売されたミドルレンジモデルにリリースされる見通しだ。現在、ミドルレンジモデルの「Android 9.0 Pie」アップデートの準備が順調に進んでいる証拠が発見されている。

「Android 9.0 Pie」で動作する「Galaxy A7, A8, A9」(2018)がWi-Fi認証を通過

Galaxy A7

Galaxy A8

Galaxy A9

現在Samsungは2018年に発売した「Galaxy A7」「Galaxy A8」「Galaxy A9」のWi-Fi認証を受けており、これらのデバイスはすべて「Android 9.0 Pie」で動作していることが確認できる。ロードマップによると、Samsungはこれらのデバイス向けに「Android 9.0 Pie」へのアップデートを4月にリリースする予定だ。そのため、今回Wi-Fi認証を受けていることは開発が順調に進んでいるということを意味する。勿論、今後の開発状況によっては予定が前後する可能性はあるが、”今のところ”問題ないと考えていいだろう。

Samsungが予定通り4月にミドルレンジモデル向けに「Android 9.0 Pie」へのアップデートをリリースするかどうかは今後の開発次第で変更される可能性があるため、あくまでも参考程度にとどめておこう。また、Samsungはミドルレンジモデル向けに新しいOSのベータプログラムを実施する予定はないと言われている。

少なくとも上記の3モデルは「Android 9.0 Pie」へのアップデートと同時に新しいインターフェイス「One UI」も受け取る予定だ。

[via SamMobile]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする